page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

【海外音楽フェス2017年版】ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテージ・フェスに行こう その3


ESTAの申請を絶対に忘れないように!

フェス会場には、地元の名物料理を含む多くのフードスタンドが立つので、お腹の心配はいらない フェス会場には、地元の名物料理を含む多くのフードスタンドが立つので、お腹の心配はいらない

「2017年版ニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテージ・フェス その2」からの続きです。ホテルと航空券が決まれば、もう旅の骨格はできたようなものです。そしてアメリカに行くので、事前にビザ免除プログラムのESTA(エスタ、電子渡航認証システム)の申請は忘れずに! 忘れると入国できませんからね。念のため、1週間前までにはインターネットで手続きを終えておきましょう。

入国審査は、あらかじめタッチパネルで質問に答えておくシステム

入国手続きは、今回私は乗り継ぎのアトランタでしました。1年前と変わっていたのは、窓口に行く前に機械のタッチパネルで、あらかじめ質問事項に答えておくのがほぼ必須になっていたことです。パスポートをスキャンして、用意された質問に事前に答えておくことによって、窓口での手間を減らすということなのでしょう。結局、入国係官の前に立つことには変わらないのですが…。アメリカの空港では現在、この入国審査だけでなく、航空会社のチェックインもまず機械のタッチパネルで操作しなければならないので、英語の質問に答えられない人には厳しいかもと思いました。

フェスのチケットの事前購入は必要?

さて、肝心のフェスですね。チケットをどう買おうかと心配している人もいるでしょうが、これは問題ありません。当日、会場の窓口で十分買えます。今年の1日券は80ドルでした。もちろん事前購入して、プリントアウトして持っていってもいいのですが、昨年の経験からそんな心配は無用なことがわかりました。それに悪天候の場合、その日は中止ということもあるので、会場の窓口で購入がいいでしょう。もちろんクレジットカードも使えます(要パスポートなどのID)。私は今年、フェス会場の窓口で2回購入しましたが、並んでいる時間は両日ともに10分程度でしたよ。

多彩なジャンルのアメリカンミュージックが

このフェス自体の雰囲気や内容の詳細は、昨年の記事に詳しく書いてあるので、そちらを参照してみてください。競馬場のグランドに音楽ジャンルごとのステージが大小10あまり造られ、11:00から19:00まで開催されるデイフェスです。音楽はジャズ、ロック、ブルース、ゴスペル、ファンク、ラップ、カントリー、ケイジャンなど多種多様で、一日ここにいるとアメリカ音楽の奥深さに、きっと驚くでしょう。いま、日本で流れているアメリカ音楽は、ヒットチャートにのるものばかり。しかし、人々が日常的に聴いている音楽は、それとは別ということ。とくにアメリカ南部音楽がどういうものであるかが、ここではよくわかります。(その4に続く)

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/02)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索