page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ニューヨーク・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

映画の舞台【レオン】―アメリカ、ニューヨークを訪ねる!!


掲載日:2008/02/12 テーマ:映画のあの場所 行き先: アメリカ合衆国 / ニューヨーク

タグ: ロケ地 映画


いまだに根強い人気を誇る映画

アパート入口と雑貨屋の跡 アパート入口と雑貨屋の跡

「レオン」は公開から10年以上たった今でも根強いファンを持つ映画として知られている。ジャン・レノが「ニキータ」で評判になった掃除人(殺し屋)役を引き継ぐ形で登場。後の「スター・ウォーズ」アミダラ姫のナタリー・ポートマンが少女マチルダとして重要な役を演じる映画デビュー作でもある。

なくなってしまったロケ地

チェルシーホテル チェルシーホテル

ナタリー・ポートマンの一家が惨殺され、たまたま隣の雑貨屋へ行っていた彼女だけが難を逃れる。雑貨屋の左隣にあるという設定のアパートは出演者が入って行く外観だけが使われ、その他の撮影は後述のチェルシーホテルなどで行なわれている。ジャン・レノやナタリー・ポートマンがミルクを買いに行っていた雑貨屋はすでに廃業してしまい、看板もはずされている。
イタリア出身者がたくさん住んでいるリトルイタリーでレストランを経営しているボス(ダニー・アイエロ)に店で指示を受け、ジャン・レノは危険な仕事を請け負っている。その店「プレミア・マカロニ」はリトルイタリーからはかなり離れた、むしろタイムズスクエアに近いエリアで実際に営業していたが、残念ながら少し前に閉店。07年にビルの建設工事が始まった。

雰囲気たっぷりのチェルシーホテル

ナタリー・ポートマンが座っていた6階 ナタリー・ポートマンが座っていた6階

ジャン・レノとナタリー・ポートマンが最初に住んでいたアパートの廊下はチェルシーホテルで撮影されている。手すりにはクラシカルな装飾が施され、ナタリー・ポートマンが座ってタバコを吸っていた階段はそのまま存在する。ただジャン・レノが住んでいるという設定の部屋6Dのドアは非常口のスペースに作られた撮影用のもので、実際にはない。
チェルシーホテルは1884年に建てられた歴史的な建物で、ニューヨークのランドマークにも指定されている。他にも「ナインハーフ」などの映画で使われており、泊まらなくてもその雰囲気を味わうために訪ねる価値は十分にある

セントラルパークの小さな橋

パインバンク・アーチ パインバンク・アーチ

ビルの屋上で、ナタリー・ポートマンは狙撃の指導を受ける。その際セントラル・パークをジョギングする要人が練習用の標的になり、セントラルパークにあるパインバンク・アーチという名の橋をくぐったところでペイント弾が命中する。公園内の歩道は立体交差していて、こんな橋がたくさんある。

壮絶なジャン・レノの最期

最後に住んでいたアパート 最後に住んでいたアパート

ふたりが最後に住んでいたアパートはマンハッタンの北部にある。ここに特殊部隊が突入し、ゲイリー・オールドマンに撃たれて倒れたジャン・レノは彼を道連れに自爆して散る。倒れた彼の目に傾いて写った銀行の建物はその通りアパートの正面に存在する。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索