page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ニューヨーク・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

美しい「クロイスターズ」で中世にタイムスリップ☆


掲載日:2008/02/20 テーマ:美術館・博物館 行き先: アメリカ合衆国 / ニューヨーク

タグ: すごい! 絶景 美術館


建物自体も芸術品のクロイスターズ

中世の修道院を復元した美術館、クロイスターズ 中世の修道院を復元した美術館、クロイスターズ

マンハッタン最北端の、小高い丘の上に立つ『クロイスターズ』はメトロポリタン美術館(MET)の分館。中世ヨーロッパの空気を放ち、大変美しい小さな美術館です。クロイスターズとは「回廊」という意味。館内の回廊や礼拝堂は、フランスの修道院や教会の廃材等をNYに移設し、復元されたもので、建物自体が美術品となっています。NYの実業家ロックフェラー氏の功労の賜物と言えるクロイスターズ、土地はロックフェラー氏の寄付、さらに彼が所有していた美術品も加えられ、1920年代に現在の姿でオープンしました。

ここでしか見れない、7枚のタペストリー

ユニコーンのタペストリーの部屋 ユニコーンのタペストリーの部屋

クロイスターズの見どころの一つは、ユニコーンのタペストリー。7枚のタペストリーによって、ユニコーンが狩人に獲られるまでを物語りにしています。
タペストリーとは王族・貴族の館の壁を覆う織物で、物語や絵画を題材とし、手織りされていました。1枚の完成に年数がかかるため、タペストリーを所有する数が多ければ多いほど、また大きさが大きいほど、財力があるとされていたのです。

ここはマンハッタン?と思えるほど、素晴らしい景色が!

有名な回廊。この回廊を出ると手入れされた草花が香ります 有名な回廊。この回廊を出ると手入れされた草花が香ります

もう一つの見どころはクロイスターズからの景色。丘の上からの眺め、特にハドソン川対岸のニュージャージー(NJ)の景色は素晴らしいです。実は美しい景観を守る為、ロックフェラー氏がこのNJの森を買い取ったというのだから驚きです!
春から秋は、庭の草花やハーブが香る季節。マンハッタンにいるとは思えない落ち着いた心地よい空気が感じられます。
クロイスターズで中世ヨーロッパにタイムスリップ! 異空間で心と体をリフレッシュしてみませんか。

注意したいこと

クロイスターズから見るジョージ・ワシントン・ブリッジ。ニュージャージーの景色は最高です クロイスターズから見るジョージ・ワシントン・ブリッジ。ニュージャージーの景色は最高です

同日なら、METの入管バッジがあれば無料でクロイスターズに入ることができます(逆も可)。その場合は先にクロイスターズへ行く事をお薦めします。
朝からクロイスターズをまわり、午後一番からMETへ。この方が効率は良いので疲れにくいです。クロイスターズ〜MET間はバスを利用しましょう(下記参照)。
駅からクロイスターズまでは、気持ちのいい公園の散歩道を歩きます。暗くなると危ないですので、日が暮れるまでには地下鉄に乗りましょう。

【関連情報】

■ The Cloisters
住所:Fort Tryon Park New York, New York 10040
時間:9:30〜16:45(3〜10月は17:15まで) 休館:月曜日
行き方(地下鉄):A線「190th St」下車、駅のエレベーターで地上へ出る。北へ徒歩10分。
行き方(バス):M4バス「Madison Ave & 83rd Street」から、“Fort Tryon Park - The Cloisters”行きに乗り、終点まで。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索