page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ニューヨーク・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

7月4日のアメリカ独立記念日 NY名物は「ホットドッグ大食い大会」と「打ち上げ花火」


掲載日:2008/05/23 テーマ:祭り・イベント 行き先: アメリカ合衆国 / ニューヨーク

タグ: イベント 花火 名物


アメリカ中でイベントが盛りだくさん!

独立記念日の豪華な花火にうっとり。NYではイーストリバー、ハドソンリバーの数箇所で花火が上ります 独立記念日の豪華な花火にうっとり。NYではイーストリバー、ハドソンリバーの数箇所で花火が上ります

7月4日はアメリカ独立記念日。1776年7月4日に独立宣言書に署名をした日(実際に独立を認められたのはその7年後の1783年のこと)で、アメリカ合衆国にとって非常に重要な祝日です。独立記念日にはアメリカ全土で様々なイベントが催されます。ニューヨークでは「Nathan’sホットドッグ大食い大会」と「メイシーズ主催の打ち上げ花火」が名物! 美術館や商店など独立記念日とクリスマスは休業するところも多いので、いっそのことイベント尽くしで楽しんでみましょう。

昼は「Nathan’sホットドッグ大食い選手権」

アメリカのふにゃふにゃパンのホットドッグ。ザワークラフト、ケチャップ、マスタードはお好みで! アメリカのふにゃふにゃパンのホットドッグ。ザワークラフト、ケチャップ、マスタードはお好みで!

NYブルックリン コニーアイランドにあるネイサンズ・フェイマスでは、毎年7月4日に「ホットドッグ大食い選手権」が開かれます。12分間でホットドッグをいくつ食べられるかを競うこの大会は、1916年から始まった歴史ある大食い大会。2006年まで6連覇の小林尊(日本)さんは、昨年66本を食べたジョーイ・チェスナット(アメリカ)に敗れ、残念ながら2位で終わりましたが、今年も再び日本人の活躍が見られるか注目したいところです。
たった12分の間に繰り広げられる熱き戦い、応援の後はホットドッグとチーズかけフレンチフライをどうぞ!

夜は「Macy’s主催の打ち上げ花火」

ルーズベルト島から眺めるマンハッタン。イーストリバーを挟んで両岸は、花火見物客で人だかりになります ルーズベルト島から眺めるマンハッタン。イーストリバーを挟んで両岸は、花火見物客で人だかりになります

独立記念日のイベントで欠かせないのが「メイシーズ主催の打ち上げ花火」。マンハッタンの東に通る高速道路(FDR)から眺めるのが一般的。FDRは夕方ごろから開放されます。毎年相当な見物客で混みあうので、できるだけ早めに行って絶好の場所を確保する必要があります。
また、有料(20ドル)の特設会場が設けられるルーズベルトアイランドからの眺めも人気。席数は確保されていますが全て自由席なので、これも早めに行ったほうがいいでしょう。近距離で壮大な花火にうっとりすること間違いなし!

【関連情報】

■Nathan’sホットドッグ大食い選手権
12時から
ネイサンズのサイト http://nathansfamous.com/nathans/index.html
コニーアイランドの行き方:地下鉄D,F,N,Q線の終点「Coney Island-Stillwell Ave」下車
マンハッタンから約1時間

■Macy’s花火大会
午後9時から
メイシーズのサイト http://www1.macys.com/campaign/fireworks/index.jsp
ルーズベルトアイランドの花火観覧チケット http://www.rioc.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/05/23)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索