page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ニューヨーク・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

911の惨劇からチャペルを守った、いちじくの木―NYの歴史を見続けた「トリニティ教会」へ


掲載日:2008/07/09 テーマ:歴史 行き先: アメリカ合衆国 / ニューヨーク

タグ: すごい! 教会 歴史


金融街のビル郡に囲まれる教会

ブロンズ彫刻。根が上、枝が下向きという逆さまのデザイン。実際どれほどの被害だったのか思い知らされます ブロンズ彫刻。根が上、枝が下向きという逆さまのデザイン。実際どれほどの被害だったのか思い知らされます

ロウワーマンハッタンでひときわ目立つゴシック様式の「トリニティ教会」は、金融街の高層ビル群に囲まれながらも、その風格は堂々たるもの。
建物は全米の歴史的建造物の一つに指定されています。
トリニティ教会の建立は1697年。1600年代初めにオランダ人が始めてマンハッタン島南側に上陸してから、ニューヨークはロウワーマンハッタンから徐々に栄えていきました。かつてのイギリス植民地の時代から、2度の建て替えを経て、911の悲劇を過ぎ、現在に至ります。
ニューヨークの歴史を見続けたトリニティ教会へ、一度足を踏み入れる価値は有りそうです。

平和を思い続けるブロンズの木

歴史あるトリニティ教会。一度は中に入ってみよう 歴史あるトリニティ教会。一度は中に入ってみよう

トリニティ教会の入り口すぐ左側に、赤い樹木のようなオブジェがあります。
2001年9月11日、世界貿易センタービル崩壊時、すぐ近くの姉妹教会(セントポール教会)にも被害が及びました。飛んできた崩落物の塊が境内にあった樹齢70年の大きないちじくの木に当たり、木を根こそぎ倒してしまいましたが、そのお蔭で教会のチャペルは損壊の危機を免れたのです。いちじくの木がチャペルを守ったわけですね。彫刻家のスティーブ・トービンが、この木をもとに上下逆さまのブロンズ彫刻を制作。平和と和解と生命の願いが込められているのです。

アメリカ最古のステンドグラスや美術品が保管

アメリカで最も古いステンドグラスといわれています アメリカで最も古いステンドグラスといわれています

トリニティ教会は、ウォール・ストリートをまっすぐ西へ、ちょうどブロードウェイに突き当たった場所にあります。写真を撮るには、ウォール・ストリートのニューヨーク証券取引所辺りからシャッターを切ると、全体像を写せていい感じに! 冬は太陽の光が周りの高層ビルに遮られるため、朝10時半ごろまでがいいでしょう。教会全体に朝日が照らされて綺麗です。
教会墓地にはアメリカの著名人が眠り、教会内部ではアメリカ最古の美しいステンドグラスがあります。ニューヨークの歴史をじんわりと感じることができる美しい教会です。

【関連情報】

細部にわたる扉の彫刻も芸術品です 細部にわたる扉の彫刻も芸術品です

■ Trinity Church St. Paul's Chapel
住所:74 Trinity Place, New York, NY 10006
最寄駅:地下鉄4,5線「Wall Street」、1、R,W線「Rector Street」すぐ。
WEB:http://www.trinitywallstreet.org/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索