page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ニューヨーク・美術館・博物館の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

落札価格$135ミリオンのあの話題作品を展示『ノイエ・ギャラリー』


クリムトの「アデーレ・ブロッホバウアー」

ノイエ・ギャラリーのエントランス。奥に見える螺旋階段を上るとギャラリーです ノイエ・ギャラリーのエントランス。奥に見える螺旋階段を上るとギャラリーです

金箔を使ったクリムトの代表作「アデーレ・ブロッホバウアー」を、2006年にロナルド.S.ローダー氏が、$135ミリオン(当時156億円)で落札したニュースは多くの注目を集めました。
話題の理由は、世界最高落札価格だったということと、新たなオーナーとなったローダー氏があの米国化粧品会社エスティ・ローダーの子息だということ。落札価格は高額すぎてピンと来ない感じがしますが、オーナーがローダー家となると興味も沸くのではないでしょうか。
その話題作品が、ニューヨークの『ノイエ・ギャラリー』に保管、展示されています。

アデーレは愛人だった?

ギャラリーは撮影禁止。ここではパンフレットの絵をご紹介しておきます ギャラリーは撮影禁止。ここではパンフレットの絵をご紹介しておきます

『ノイエ・ギャラリー』は、オーストリアなどドイツ語圏の国の美術品を所蔵した、4階建ての小さな美術館です。
すぐ2階に上ると「アデーレ・ブロッホバウアー」が堂々と配置され、豪華な黄金色が目に入ります。一見、金箔の派手な印象を受けますが、じっくり見ると一枚の絵画に刻まれた様々な「絵」を発見する事ができます。
モデルの女性アデーレは、クリムトの愛人だったとも言われています。頬がやや赤く染まり、やさしく幸せな面持ちは、恋する人に向けられる表情なのかもしれませんね。他にも官能的なクリムト作品が展示されています。

建物も美術品として鑑賞すべし

ノイエ・ギャラリーはオーストリアやドイツの美術品を収集・展示するNYで唯一の美術館です ノイエ・ギャラリーはオーストリアやドイツの美術品を収集・展示するNYで唯一の美術館です

『ノイエ・ギャラリー』は、1914年に建てられた邸宅を美術館に改装し、2001年に公開されました。豪華な建物はフリック・コレクションも手掛けた建築会社によるもの。重厚なエントランス、美しい中央の螺旋階段、さりげなく置かれた調度品なども見ものです。全体の鑑賞時間は2時間くらいです。
メトロポリタン美術館(MET)の2ブロック北にあり、セントラルパーク東のミュージアム・マイルに立つ美術館の一つです。METを見た後に寄ってみるのも手ですよ。

美味しいコーヒーと上質チョコレートケーキ

「カフェ・サバスキー」のチョコレートケーキ、サバスキートルテ。コーヒーもとっても美味しいんですよ! 「カフェ・サバスキー」のチョコレートケーキ、サバスキートルテ。コーヒーもとっても美味しいんですよ!

さて、疲れたら1階の「カフェ・サバスキー」へどうぞ。
こちらでは正当派ウィーン料理とケーキ、薫り高いコーヒーをいただく事ができます。魅惑的なチョコレートケーキがたくさんありますが、私のお気に入りはお店の名前の「サバスキータルト」です。上質チョコレートとホイップクリームの絶妙なバランスを楽めます。
カフェ使いだけでも可能ですので、美術館巡りやショッピングでの休憩に、ぜひ寄ってみてください。

【関連情報】

美術館だとは思えない外観ですので、見逃さないで! 美術館だとは思えない外観ですので、見逃さないで!

■ Neue Gallerie(ノイエ・ギャラリー)
住所:1048 5th Avenue (at 86th Street) New York
時間:木〜月 11時〜18時、
休館日:火・水
入館料:15ドル
WEB:http://www.neuegalerie.org/neuemain.html
■ Cafe Sabarsky(カフェ・サバスキー) 
時間:月、水 9時〜18時、木〜日 9時〜21時
定休日:火

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/01/16)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索