page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ニューヨーク・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ニューヨークの冬に欠かせない濃厚なホットチョコレートドリンク!


掲載日:2011/12/05 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: アメリカ合衆国 / ニューヨーク

タグ: おいしい カフェ スイーツ


カカオ濃度が高い本当のチョコレートドリンク

寒さ厳しい日にはホットチョコレートが本当に美味しい! 寒さ厳しい日にはホットチョコレートが本当に美味しい!

冬のニューヨークでは、ホットチョコレートはカフェの定番メニュー。チョコ好きな私が美味しいと思うチョコレートドリンクは、カカオパウダーをお湯で溶いたさらっとしたものでなく、本物のチョコレートバーから作ったカカオ濃度の高い、ビター&スイートのバランスのとれたもの。とろっと滑らかな舌触りのチョコレートは、飲むと口角にチョコがまとわり付くのを忘れるくらいリッチなもの。
勝手に「栄養ドリンク」と呼んでいますが、チョコレートを飲んだ後は早々に疲労は回復、体もほかほか温かくなります。古代、チョコレートは薬だったことに納得です!

チョコレート&マシュマロの最強コンビ

「シティベーカリー」のホットチョコレート。マシュマロ付きがお勧め。 「シティベーカリー」のホットチョコレート。マシュマロ付きがお勧め。

ユニオンスクエア近くの「シティベーカリー」はドラマにも出てきたり、ガイドブックにも載っている有名カフェ。苦み甘み濃さがちょうどよいチョコレートドリンクに忘れてならないのがマシュマロ。注文時に一緒につけてもらって下さい。熱いチョコレートによって角が溶けたマシュマロがさらに旨みを引き出してくれます。2月はチョコレートフェスティバル月間で、日替わりフレーバーが楽しめます。またサクサクな食感のクロワッサンやプレッツェルクロワッサンも大人気。フレンチトーストもアメリカにしては小さめで美味しいです。

ミスターチョコレートが作るチョコレート

NYで人気のチョコラティエ、ジャック・トレス氏。チョコレートドリンクやチョコレートクロワッサンで一休み。 NYで人気のチョコラティエ、ジャック・トレス氏。チョコレートドリンクやチョコレートクロワッサンで一休み。

「ジャック・トレス」はニューヨークでは名の知れた方、Mr.チョコレートとも言われています。添加物を一切使わない天然原料のチョコレート店で、こちらのチョコレートドリンクはNYで最も濃厚ではなかろうか?人によっては鼻血がでるのでは?と思っています。しかしこのコッテリ感が本当のチョコレートドリンク。できればミルクで作ってもらってください。
ビレッジ店は、カカオピーンの形をイメージしてデザインされたショールーム&カフェ。ガラス越しにチョコレート工場を見学することができます。現在マンハッタンに数店舗あります。

オシャレなカフェで美味しいドリンク

カカオ濃度が高く、苦味と甘味のバランスがとれた上質のチョコレートドリンクは体験の価値ありです。 カカオ濃度が高く、苦味と甘味のバランスがとれた上質のチョコレートドリンクは体験の価値ありです。

ユニークなチョコレートでお馴染みの「ヴォージュ」。こちらはNYより寒さ厳しいシカゴ発祥のお店。風変わりなフレーバーチョコレートを体験できます。人の脳が魅力に思うベーコンフレーバーのチョコレートが話題で、お洒落でユニークなチョコレートはきっとお土産に使えると思います。チョコレートドリンクはチョコレートバーの様なフレーバーはありませんが、濃厚で間違いのない美味しさです。
ニューヨークの美味しいチョコレートドリンクを冬の間に楽しんでみてくださいね。

冷たいチョコレートドリンクもあります。(チェーン店の有名チョコレートショップのチョコレートドリンクは、美味しいとも限らないので注意です。) 冷たいチョコレートドリンクもあります。(チェーン店の有名チョコレートショップのチョコレートドリンクは、美味しいとも限らないので注意です。)

■City Bakery
住所:3 West 18th Street,(between 5th & 6th Avenue)
■Jacques Torres Chocolate Haven
住所:350 Hudson Street (@King St)
他店舗あり
■Vosges
ソーホー:132 Spring Street (bet Greene & Wooster St)
アッパーイースト:1100 Madison Avenue (bet 83&82 Street)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2011/12/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索