日本食の代表であるラーメンが世界中で人気

お腹が空いたとき、飲んだ後に無性に食べたくなるラーメン。塩、味噌、とんこつ、しょうゆにとどまらず、さまざまな進化を遂げていますよね。今や日本食の代表的なメニューのひとつとなっていますが、そんなラーメンが世界各国でブームを巻き起こしています。その都市のひとつが“ニューヨーク”。現在、アメリカではほとんどの大都市で本格的なラーメンが味わえるほどで、このブームの火付け役となったのがニューヨークで起こったラーメンブームなんですよ。

ラーメンは、ニューヨーカーさえもヤミツキにさせる食べ物だった ラーメンは、ニューヨーカーさえもヤミツキにさせる食べ物だった

日本のラーメンをアメリカ流にアレンジ

お肉や魚のうまみがスープに溶けだしていて、適度な塩味があり、それがモチモチの麺にからまる…よくよく考えてみれば、これを人間がおいしいと思わないわけがありません。私をトリコにしていたソウルフード、世界のエンターテイメントの中心であるニューヨークで認められるのも納得ですが、ブームが巻き起こったのはここ数年のこと。デイビット・チャン氏が日本のラーメン店で働いていた経験を活かし、ラーメンをアメリカ流にアレンジして提供したことがきっかけです。

日本の有名店が出店して地元メディアが注目

食のオスカー賞と称されるジェームス・ビアード賞でベストシェフ賞に選ばれたチャン氏。彼のお店であるモモフクヌードルバーでは、ベーコンを主体にスープのだしをとったり、サイドメニューの蒸しパンに豚角煮をはさんだりと、アメリカ人に好まれるようなポイントを採用。それに続き、せたが屋、博多一風堂といった日本の有名店がニューヨークで出店しました。これを地元のメディアが取り上げたことから注目度が一気に急上昇したというわけです。

日本に逆輸入されてくる日は近いかも?

当初は日本のラーメン店の出店が続いていたもの、それに影響を受けた現地の人によるお店も増えてきています。お寿司ブームでカリフォルニアロールができたように、アメリカでのスタンダードなラーメンが作られ、日本でも食べられるようになる日が近いかもしれませんね。今のところはニューヨークをはじめとするアメリカのラーメンを日本で食べることはできないので、現地で食べ歩きをしてお気に入りの一杯を見つけてみてください。