NYで食べる、シンプルなのに、やみつきになる一品とは?

私のNY生活で、食べに行く頻度が高い一品をご紹介します。安くておいしい、その一品とは?! 「グリルド・コーン・メキシカンスタイル」。串刺しにしたトウモロコシをグリルし、チーズ、マヨネーズ、そしてパプリカをたっぷりとかけたもの。添えてあるライムをギュッと絞ってかぶりつきましょう。ジューシーなトウモロコシの甘さにチーズの塩気とマヨネーズのまろやかさ、パプリカの辛み、ライムのアクセントが絶妙のバランス! キューバとメキシコのフュージョン料理のお店「カフェ・ハバナ」の一品です。

何本でも食べれてしまいそうな、おいしさです 何本でも食べれてしまいそうな、おいしさです

お洒落なエリアにあり、観光の合間に立ち寄るのに便利

流行の発信をリードする、個性的なショップやカフェが並ぶ、見どころいっぱいのノリータ地区にあります。観光ついでに立ち寄れるので抑えておきたい一軒です。値段は3.50ドル(約430円)。小腹がすいた時のおやつ、また、少食の人にはランチ代わりになるくらいのボリューム感。何かと旅費がかさみ、「ランチは軽く済ませたい」という時にも最適です。おいしいので満足度も高いはず。最寄り駅は、地下鉄N/Rラインの「プリンス・ストリート (Prince St)」。

お洒落で陽気な店員さんばかりのお店

「カフェ・ハバナ」はマンハッタンには2店舗あります。2軒隣接しているので、お好みで使いわけるのがコツ。トウモロコシ以外にも、おいしいメニューが揃っているので、ゆっくりと食事を楽しみたい人は、本店へ(住所:17 Prince)。いつも混んでいるので、待たされる事が多いけれど、お洒落な店員さんと、陽気な店の雰囲気は待つ価値ありの楽しい食事の時間を約束してくれます。朝から夜までクローズなしで営業。ピーク時をはずして行くのが、待ち時間を短くするコツ。

状況によって、お店を選んで時間を有効活用

「とにかく待つのは嫌!」という人は、本店の角を曲がって隣接する「ハバナ・トゥ・ゴー」へ(住所:229 Elizabeth) 。こちらはテイクアウト専門店。とはいえ店内には4人ほどが座れる小さなカウンターがあったり、お店の外にも小さなベンチがあり、その場で食べていく人も多く見かけます。外のベンチに座って、お洒落なノリータ・ピープルを眺めながら、トウモロコシを食べるのが、私のお気に入りコース。テイクアウトなのでチップを払う必要がなく、同じメニューが本店より安く食べられて、お得感も二重丸ですよ。