今もっとも注目されている日本人大リーガーといえば?

それはマー君の愛称で親しまれている田中将大(たなかまさひろ)選手ですよね。大リーグ初シーズンとなった2014年、故障による休養があったにも関わらず、13勝5敗という申し分ない成績を収めました。楽天イーグルスを日本シリーズ優勝に導いたスーパーエースは、アメリカでもその実力をいかんなく発揮しています。今回は田中投手が在籍しているニューヨーク・ヤンキースについて紹介します。

大リーグ野球が観戦できる都市、ニューヨークに行ってみよう! 大リーグ野球が観戦できる都市、ニューヨークに行ってみよう!

大リーグ一の名門、ニューヨーク・ヤンキース

ニューヨーク・ヤンキースは1901年の創設以来、リーグ優勝40回、ワールドシリーズ制覇27回という大リーグナンバーワンの実績を持つチームです。ルー・ゲーリック、ベーブ・ルース、ジョー・ディマジオなどの名選手を多数、輩出しており、17もの背番号が永久欠番になっています。最近では伊良部秀輝(いらぶひでき)投手、松井秀喜(まついひでき)外野手など、日本人選手も活躍しました。2014年には田中投手の他、黒田博樹(くろだひでき)投手、イチロー外野手が在籍しています。

アメリカ最大の人口を持つ都市ニューヨーク

アメリカ東部、大西洋に面したニューヨーク市には、ブロンクス、ニューヨーク、キングス、クイーンズ、リッチモンドという5つの郡(区)があります。ヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムのあるブロンクスは、ニューヨーク市の中で唯一、アメリカ本土と繋がっています。他の4つの郡はマンハッタンなどの島になっています。

ヤンキー・スタジアムに行ってホームランを見よう!

ヤンキースのホームグラウンドである新しいヤンキー・スタジアムは2009年に開場しました。左右非対称で右中間の膨らみが少なく、本塁から右翼方面への風もあるため、本塁打の多い球場として有名になりました。野球の醍醐味といえばやっぱりホームランなので、ヤンキー・スタジアムのゲームはとてもエキサイティングです。ニューヨークに行ってホームランを見ましょう! でもマー君にはホームランを打たれてほしくありませんね。