ニューヨークのレアスポットはカラオケにあり

旅先でわざわざカラオケへ行こうと思う人は少ないかもしれませんね。ニューヨークのカラオケは、日本とは少し違っていて、バーと併設されたものが多く、地元気分を味わえる絶好のナイトスポットなんです。音楽大好きな連中が集まる場所だけあって、ミュージックセレクションも、お客さんのノリも最高。バーエリアで、ニューヨークっ子が楽しむ姿を見ていると、こちらまで楽しい気分になります。また、食べ物持ち込み可の所が多いので、お友達と個室を借りて、旅の最後の夜のパーティーに使うなど、アレンジの幅が広がる、お役立ちスポットでもあるのです。

リピーターも多く、いつも賑わっている リピーターも多く、いつも賑わっている

有名人も出没する人気のカラオケバー

マンハッタンに数限りなくあるカラオケの中から、訪ねる価値ありの1軒「シング・シング・アベニューA Sing Sing Avenue A」をご紹介します。ニューヨークの若手新鋭の仕掛け人コンビ、Akimasa Koketsu & Yaz Higashiya さん(共にFiivs代表)が、プロデュースを手がけ、2014年には、地元ローカル紙ヴィレッジ・ボイスで「ベスト・カラオケ」と評されています。過去にはレディー・ガガ、マット・デイモンをはじめ、大物有名人も来たことがあるそう。撮影にも使われる店内の壁には、大胆なタッチで伝説的なミュージシャンの絵が描かれ、独自の雰囲気を醸し出しています。

人気地区を散歩して、締めはカラオケで

地下では時々シークレットパーティをしているそう。思いきってバーテンさんに聞いてみましょう。特別に招待してくれるかも?! シング・シング・アベニューAは、名前の通り81 Avenue Aにあります。最寄り駅は地下鉄4/6ライン の「アスタープレイス Astor Place」。学生達が集まるエネルギッシュなビレッジ地区を抜けて行きます。小さな個性のあるお店、おしゃれなカフェやレストランが多く集まる地区なので、日中から訪ねて見て回り、締めはシング・シング・アベニューAでというのがおススメですよ。