大注目の古着屋さんがマンハッタンに登場

今多くのメディアから絶賛されている「ビーコンズ・クローゼット」。ブルックリンがホームベースの、女性オーナーのみで起ち上げられた古着屋さんです。地元ブルックリンで着々と店舗を増やし、ついにマンハッタンにもオープンしました。最寄駅は地下鉄各線の「14St-ユニオンスクエア Union Sq」駅。観光の途中に、ふらりと立ち寄れる便利な場所にあるので、古着好きはもちろん、そうじゃない人も、ぜひ足を運んでみてください。雑貨、アクセサリー、帽子、靴、鞄、洋服と見るものがいっぱい! もちろんメンズも置いています。住所は10W 13th St.です。

見ているだけで楽しい、マンハッタンの宝箱みたいな古着屋さん 見ているだけで楽しい、マンハッタンの宝箱みたいな古着屋さん

保存状態良好な古着がいっぱい!

店内へ足を踏み込むと、まず品数の多さに圧倒されます。古着はカラー別にラックに分けられ、とても見やすくなっています。一つとして同じものが無く、見ていて飽きることがありません。ヴィンテージものもありますが、基本は古着なのでお値段はお手頃です。スタッフが丁寧にセレクトしているので、ダメージ品や、質の悪いものは一切置いていません。デイリー使いに役立ちそうなシンプルなものから、インスピレーションを刺激するような個性のある服、小物までが店内に溢れかえっています。時間が経つのも忘れてついつい長居してしまいそうです。

旅先、買取システム活用法

お土産を買い過ぎて、荷造り時にピンチに陥る人もいるのでは? この古着屋さんは買取もしてくれます。日本から持ってきて、スーツケースに入りきらなくなってしまった服を売ってみてはどうでしょう? 予約なしで直接持ち込めばOK。その場で査定して、店内で販売する価格の35%を現金で支払ってくれます。また店内でのお買い物クレジットとの交換なら55%と、さらにお得! 日本から、もうこれは着ないという服を持ってきて、それを元手にニューヨークテイストの古着をゲットもおもしろいかもしれませんね。