クリスマスシーズンの定番「くるみ割り人形」

ニューヨークのクリスマスシーズンは、クリスマス向けのウィンドウ・ディスプレイや、プレゼントのショッピングを楽しむ人々で街全体がキラキラし、ハッピームードいっぱいです。そんなクリスマスムードをより盛り上げてくれるのが、バレエ「くるみ割り人形(The Nutcracker)」。クリスマスシーズンにしか公演していないので、この時期にニューヨークに来れる方はラッキーです! 「くるみ割り人形」は、クリスマスシーズンの風物詩として多くのニューヨーカーにも長く愛され続けています。

ライトアップも美しいリンカーン・センター ライトアップも美しいリンカーン・センター

バレエなら、英語が苦手でも大丈夫!

せっかくのニューヨーク、ミュージカルが見たいけれど、英語が苦手という方にもバレエはおススメ。また「くるみ割り人形」は、分かりやすい物語の展開なので、バレエ鑑賞が初めての方にも楽しんでいただけます。誰もがどこかで一度は聞いたことのある、チャイコフスキー作曲の音楽に合わせて、幕が開き、ニューヨーク・シティバレエ団による豪華絢爛な舞台が、繰り広げられます。バレエの振付の美しさ、技術の高さはもちろん、舞台セットや、衣装にもご注目ください!

スケールの大きさも、クリスマス公演ならでは

舞台上に登場する巨大なクリスマスツリーは高さ12メートル、重さはなんと1トンに及びます。舞台裏では、総勢57名のスタッフが、このバレエを支えています。またオーケストラは62名。日本の公演ではオーケストラまで持ってくることができず、録音した曲を流す事も少なくありませんが、ここはエンターテインメントの本場ニューヨーク! 大迫力の生演奏も合わせてお楽しみ下さい。ダンサーは総勢90名、それぞれが着用する衣装はなんと150種にも上ります。どの衣装のデザインも工夫がこらされ、とても華やかです。

一度は足を運びたいリンカーン・センターでの公演

会場は美しい総合文化施設リンカーン・センター内。公演の合間には休憩時間があるので、ロビーでシャンパンを飲んだりと、舞台だけではなく、リンカーン・センターの空間や、優雅な時間をお楽しみ下さい。いつもより少しお洒落をして行くと、気分も益々盛り上がりますよ。会場の周りには、公演時間に合わせた便利なレストランが沢山ありますが、センター内にも「リンカーン・センター・キッチン」というおいしい料理が頂けるレストランがあるので、チェックしてみて下さい(要予約)。