夏休みのニューヨークは航空券もホテルもハイシーズン料金に

世界で一度は行ってみたい都市のひとつにニューヨークを挙げる方は多いでしょう。自由の女神、そびえたつ摩天楼の数々、洗練された雰囲気、ミュージカル劇場、メトロポリタン美術館、ジャズバー、ヤンキー・スタジアム、チャイナタウン、緑あふれるセントラルパークなど、見所は盛りだくさんです。しかしこのニューヨーク、7月の後半から8月にかけて、ホテルの料金がハイシーズン料金なります。それも日ごとに異なるほどです。アメリカ行きの航空券も値段が高くなります。

混雑する夏休みのニューヨーク 混雑する夏休みのニューヨーク

夏のニューヨーク旅行はこのように計画を立ててみよう

ですから、夏休みにニューヨーク旅行を考えているみなさんは、航空券とホテルがセットになったツアーを選ぶか、インターネットで価格をよく調べてから、旅行する日を決めたほうがいいでしょう。昨今は、夏休みを7月から9月までの間でフレックスに取れる企業も増えています。まずは休みを決めるのではなく、ツアーや航空券、ホテルの値段に合わせて休みを決めたほうが賢い選択と言えるのではないでしょうか。

ニューヨークでおすすめホテルの立地は?

さて、ニューヨークでの宿泊ですが、できればセントラルパークに近い地域がおすすめです。夏休みのニューヨークは、アメリカ各地からきた人たちで、ごった返すほどになります。自由の女神の遊覧船しかり、ミュージカル劇場しかりです。しかし人間観察が好きな人にとっては、地方に暮らすアメリカ人を観察するのに、これほど絶好のチャンスはないでしょう。旅行者がカウボーイハットをかぶっていたりしますし、人によってはユニークなTシャツを着ていたりするのも愛嬌があって面白いです。

映画のワンシーンを思い浮かべながら……

だやはり、人混みが凄いので、疲れてしまいます。そこで、セントラルパークなのです。早朝はとくに人も少なく、空気も澄んで気持ちいいものです。散歩してもランニングしてもいい。子供が活躍する映画で撮影された、ちょっとした林もありますし、公園から見る摩天楼もなかなかいいものです。そうそう、主人公のケビン少年が泊まったザ・プラザホテルもすぐ近くにあります。いつもホテル前に馬車が泊まっているのも、多くの映画で使われていますね。映画のシーンを思い出しつつ、ゆっくりするには、早朝のセントラルパーク界隈を歩くのは、何よりです。雑踏のニューヨークを離れて、ホッと一息、楽しんでください。