ニューヨークで、ミュージアム見学に半日使うのはもったいない?

とにかく見どころが多いニューヨーク。美術館、博物館の類も多く、それらをじっくり見ていたら、どんなに時間があっても足りません。私はヨーロッパの都市では、なるべくそこにある代表的なミュージアムを見るようにしていますが、ニューヨークの場合、街歩き自体が楽しいので、それは少し時間がもったいない! なので今年(2017年5月)にニューヨークに行った際は、私が行った博物館はたったひとつでした。

地下鉄のホームから、博物館への期待が高まるようになっている 地下鉄のホームから、博物館への期待が高まるようになっている

膨大な展示品が自慢のアメリカ自然史博物館

私が今回行ったのは「アメリカ自然史博物館」です。映画『ナイトミュージアム』の舞台になった場所といえばおわかりでしょうか? 場所はセントラルパークの西。自然と世界の文明に関する展示品のコレクションとしては世界有数の博物館です。日本で言えば、国立博物館と国立科学博物館を足したようなものでしょうか。その敷地は4ブロックに及ぶ広大なもので、ゆっくり見て回ろうと思うと、丸一日あっても足りないかもしれません。なのでまずは「どこが一番見たいか」を決め、そこを最初にじっくり見てから、他を回るといいでしょうね。

地下鉄で行こう。正面玄関の建築にも注目!

博物館の地下は、地下鉄と直結しています(曜日によって閉まっていることも)。地下鉄はB線かC線が停車し、下車駅は「81st. Museum of Natural History」です。ホームに降りると、博物館がある駅を示すように壁には様々な動物のイラストが描かれています。地下から博物館に入る改札もありますが、ここは地上に出てみることをおすすめします。道路を挟んでセントラルパークの向かい側にこの博物館がありますが、その外観も見て欲しいからです。セントラルパークに面したローマ風の正門はよく映画にも登場しますし、またこの近辺のランドマークにもなっています。(後編に続く)