page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ジョン・レノンも住んでいたNYの高級アパート「ダコタ・ハウス」その4 公園にある記念碑


映画に登場するダコタ・ハウス

「NYの高級アパート、ダコタ・ハウス」その3からの続きです。さて、このダコタ・ハウスはその古めかしい姿と、向かいがセントラルパークというロケーションから、古くから映画のロケーションに使われていました。もっとも有名なのは、1968年のホラー映画のクラシック『ローズマリーの赤ちゃん』でしょうか? 主人公となるミア・ファロー演じるローズマリーが住んでいるのはこのアパートということになっています。内部もここでロケしたということですが、室内はスタジオ撮影かもしれません。あとは2001年のトム・クルーズ主演映画『バニラ・スカイ』で、主人公のトムが住んでいるのもこのアパートという設定になっています。これは音楽雑誌「ローリングストーン」のライターをしていたこともあるキャメロン・クロウ監督のこだわりでしょうね。映画の主題歌もポール・マッカートニーの新曲でした。

ダコタ・ハウスへの行き方

ダコタ・ハウスの向かい、セントラルパークの一画に造られたストロベリー・フィールズにある「IMAGINE」の記念碑 ダコタ・ハウスの向かい、セントラルパークの一画に造られたストロベリー・フィールズにある「IMAGINE」の記念碑

さて、ダコタ・ハウスへの行き方ですね。簡単です(笑)。地下鉄「72丁目 72nd St.」駅で降りて地上に出れば、目立つ建物があるのですぐにわかりますよ。ダコタ・ハウスを外から見学した後、その向かいにあるセントラルパークへの入り口から公園に入っていくと、すぐのジョン・レノンが自分の部屋から眺めていたと思われる一画に「ストロベリー・フィールズ」と名付けられた、ジョンの記念エリアがあります。

ジョンを偲んで造られた「ストロベリー・フィールズ」

このストロベリー・フィールズ、私が初めて行ったときは、まだ一部造園中でしたが、今年2017年に行った時は完成して、ベンチなども置かれていました。歩道には「IMAGINE」のモザイクの記念碑(イマジン・サークル)もあります。この造園や維持費のため、オノ・ヨーコは100万ドル以上を寄付したとか。今では毎年、ジョンの誕生日(10月9日)や命日(12月8日)に多くのファンが集まり、ここで歌を歌ったりするそうです。もしあなたが音楽ファンなら、ニューヨークに行ったら是非、ダコタ・ハウスとストロベリー・フィールズを訪れてみましょう。きっと感慨深いものがあるはずですよ。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/09/23)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索