フィラデルフィア旅行・フィラデルフィア観光徹底ガイド

フィラデルフィア旅行・フィラデルフィア観光徹底ガイド

フィラデルフィア旅行・観光の見どころ・観光情報

アメリカの独立宣言が行われ、18世紀末には一時合衆国連邦政府の首都だったこともあるという歴史的な町。アメリカの独立宣言にまつわる「リバティベル(自由の鐘)」をはじめ、多くの史跡はダウンタウンの中心部にある「インディペンデンス国立歴史公園」にあり、その中の独立記念館は世界遺産に登録されている。フィラデルフィア美術館など質の高い美術館がいくつもあることでも知られている。映画『ロッキー』に登場した階段が「ロッキー・ステップ」として観光名所となっており、ロッキー像の前での記念写真はお約束だ。 (2016年9月編集部調べ)

フィラデルフィアへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/23現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 111.1565 JPY 約13.5時間 約-14時間

フィラデルフィアの人気問合せ情報

フィラデルフィアの最安値カレンダー

フィラデルフィア旅行・観光の選び方

東海岸の都市を巡るツアーに入っている。ニューヨークからの日帰りも可能

日本からのツアーでは、ニューヨーク、ワシントンDC、ボストンなど、アメリカ東海岸の都市を巡るツアーに組み入れられている。ツアー期間は7〜9日間程度。ニューヨークやワシントンDCからの現地発ツアーで日帰りの訪問も可能だ。貴重な史跡や見ごたえのある美術館は町の中心に集まっているので、地下鉄などを利用すれば効率よく観光できる。夏期にはおもな見どころを回るトロリーバスが運行されるので、さらに便利だ。アメリカ最古の住宅街と言われる「エルフレス小路」など、ダウンタウンの東に集まる歴史的な見どころは、デラウェア川のウォーターフロント地区とあわせて、ゆっくり歩いて巡りたい。(2016年9月編集部調べ)


フィラデルフィアのグルメ・伝統料理

フィラデルフィアの伝統料理はなんといってもチーズ・ステーキ。グルメの食事とはいえないが、ボリュームは満点だ。街には何軒ものチーズ・ステーキのレストランがある。また、ベーグルのような生地を用いて柔らかく焼かれた、少々塩味のきいたソフトプレッツェルや、イタリアから伝わったウォーター・アイスも名物。ウォーター・アイスは水っぽいシャーベットで、夏の風物詩となっている。やわらかめのソフトクリームという感じだ。 (2015年編集部調べ)

フィラデルフィアのショッピング情報

フィラデルフィアは衣料品と靴には税金がかからないのでショッピングにはもってこいだ。ショッピングモールやショッピングエリアも多い。リットンハウス・スクエアはブランド・ショップのあるショッピングエリア。ザ・ギャラリーは1000店舗以上入る大型ショッピングモールで、家族向けだ。キング・オブ・プラシャ・モールは全米で1、2位を争うショッピングモールで、高級ブランドショップが400店舗入っている。サウスストリートも若者が多く集まるショッピング街だ。 (2015年編集部調べ)

フィラデルフィアの気温・降水量ベストシーズン情報

ベストシーズンは4月から9月にかけて。5月頃から10月は天気もいいが、冬の寒さはきびしく、気温は零度を下回る。服装は同時期の日本とほぼ同じと考えていいが、冬の防寒はしっかり準備すること。 (2015年編集部調べ)

フィラデルフィアのオススメツアー

フィラデルフィア旅行・フィラデルフィア観光徹底ガイド

3件ヒットしました (2旅行会社 30.50〜68.90万円)
  • 1|

合算燃
目安
30.50
38.50

旅行代金: 29.80〜 37.10

燃油目安燃: 0.70〜 1.40

16日間

大阪発

ホテル:
ニューヨーク・ホテル・ペンシルバニア
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ

合算燃
目安
30.50
38.50

旅行代金: 29.80〜 37.10

燃油目安燃: 0.70〜 1.40

16日間

成田発

ホテル:
ニューヨーク・ホテル・ペンシルバニア
航空会社:
アメリカン航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃 68.90

旅行代金: 68.90

燃油燃:旅行代金に含まれています

9日間

成田発

アメリカ合衆国 (ワシントンD.C.、フィラデルフィア、ニューヨーク他) ツアー

ホテル:
マリオット ワードマン パーク、ニューヨーク・マリオット・ダウンタウン、…
航空会社:
日本航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

3件ヒットしました (2旅行会社 30.50〜68.90万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top