page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ポートランド・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ポートランド生まれの手刷グリーティングカード「エッグプレス」


掲載日:2015/10/24 テーマ:ショッピング 行き先: アメリカ合衆国 / ポートランド

タグ: お土産 雑貨 欲しい


温かな気持ちになる活版印刷の手作りカード

ライフスタイルブランド「スクールハウス・エレクトリック」ショールーム内に設けられたエッグプレス社のコーナー。エッグプレスのデザイン&レタープレス工房はこの建物内にある。 ライフスタイルブランド「スクールハウス・エレクトリック」ショールーム内に設けられたエッグプレス社のコーナー。エッグプレスのデザイン&レタープレス工房はこの建物内にある。

クラフトマンシップや地に足のついたクリエイティビティで近年注目を集めている都市、ポートランド。ここに昔ながらのレタープレス(活版印刷)で、グリーティングカードを製作するエッグプレス(Egg Press)社があります。最近は、メール、SNSなど、デジタルコミュニケーションの占める割合が大きく、誰かに手書きのメッセージを送ることは減ってきています。大切な人に手書きで手紙を送る時、エッグプレスの手作りカードを使えば、あなたの気持ちがより強く届くかもしれません。

相手の笑顔が浮かぶデザインと質感

印刷工程のバースデイカード 印刷工程のバースデイカード

エッグプレス社は、1999年に元ナイキのデザイナー、テス・ダロウさんが創立。温かなユーモアを感じる素朴ながら洗練されたデザインと、活版印刷ならではの凹凸のある質感のカードは、徐々にファンを増やしてきました。現在は全米のステーショナリーショップやセレクトショップ、花屋などで販売するほか、オリジナルのビジネスカードや結婚式への招待状なども製作しています。また、MoMa、ハーマン・ミラー、アップルなど、デザインへのこだわりで知られるグローバル企業も顧客リストに名を連ねています。

地元ポートランドにこだわる商品作り

エッグプレスの印刷工房で働くスタッフ エッグプレスの印刷工房で働くスタッフ

エッグプレスは、安価な大量生産ではなく、地元の職人が1枚1枚手作りすることにこだわっています。レタープレス印刷機で、カードへ色を重ねていくのはもちろん、カードに穴を開ける作業や、ノートの背へのりをつける作業まで、すべての工程を若い職人が毎日、ポートランドの工房で担当しています。テスさんによると、スタッフはみんなエッグプレスのあり方に共感し、好きで働いている人ばかりだそうです。だからこそ、心のこもったカードができるのかもしれません。

グリーティングカード以外の商品も登場!

ポートランドのインダストリアル地区のあるデザイン&レタープレススタジオで、デスクを並べて、デザインを担当するテスさん(右)とカラさん。 ポートランドのインダストリアル地区のあるデザイン&レタープレススタジオで、デスクを並べて、デザインを担当するテスさん(右)とカラさん。

オーナーのテスさんのバックグラウンドはテキスタイル・デザイン。カードはもちろん、大好きなテキスタイルもやってみたい、と近年、布地への印刷も始めました。バッグやポーチ、クッションカバーなどにも、エッグプレスらしい、どこか懐かしさを感じるモダンなデザインのものが出ています。また、手書きのメッセージを通して仲間とつながる日常をサポートする「ソーシャル・プレパレドネス・キット(SPK)」というラインも登場しました。エッグプレスの本拠地、ポートランドに来たらぜひ、様々な商品をチェックしてみてくださいね。

関連情報

エッグプレス本社(design and letterpress studio)
住所: 2181 NW Nicolai Street Portland, OR 97210
電話番号:1.800.964.9139 p. 503.234.4233
ホームページ:http://eggpress.com/
販売店の検索ページ:http://eggpress.com/where-to-buy/retail

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/10/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索