page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ポートランド・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

散歩も楽しい!緑豊かなオレゴン動物園


街から近いのに、自然を感じられる広大な動物園

オレゴン動物園のチケット売り場 オレゴン動物園のチケット売り場

ワシントンパーク内にあるオレゴン動物園は、ダウンタウンから3マイル(約4.8km)しか離れていないにも関わらず、64エーカー(約26ヘクタール)という広大な敷地を誇る人気観光スポット。開園は、1888年にまで遡ります。
自然を生かした園内には、19の絶滅危惧種、9のレッドリスト絶滅危惧種を含む232種類、1800匹の動物たちが暮らしています。北海道の旭山動物園のように自然の環境の中で動物たちの生態を見られる「行動展示」型の動物園です。
公共交通機関でも簡単にアクセスできるので、ぜひ散歩がてら、足を運んでみてはいかがでしょうか。

アメリカ北西部の動植物を訪ねてみよう

北アメリカ原種のロッキー・マウンテン・ゴート(シロイワヤギ) 北アメリカ原種のロッキー・マウンテン・ゴート(シロイワヤギ)

オレゴン動物園は、「大北西アメリカ(Great Northwest)」、「壊れやすい森(Fragile Forests)」、「アジア」、「太平洋沿岸」、「アフリカ」の大きく5つのエリアに分かれていて、その中で23の展示をしています。
アメリカ北西部の動物を見たいなら、シロイワヤギの暮らす「カスケード・クレスト」や、アメリカン・ブラックベアーやボブキャットの姿が見えるダグラスファーの森林、ビーバーやカワウソの住む「カスケード・ストリーム&ポンド」などを散策してみてください。

世界に誇るゾウの飼育エリア「エレファント・ランド」

間近でゾウの姿を見られる屋内施設 間近でゾウの姿を見られる屋内施設

オレゴン動物園は、北米の動物園で初めてアジアゾウが生まれた、ゾウのリサーチとクリエイティブな飼育法で世界的にも知られる施設です。2012年生まれのリリーを含め、現在7頭のアジアゾウが暮らしています。
今年(2016年)に完成した「エレファント・ランド」は、60万リットルほどの水量のプール、世界最大級の屋内施設、泥のエリアなどを含む広大なゾーンで、ゾウの親子たちは、自分たちが好きなように動きまわり、好きな場所で眠ります。スマホに専用アプリをダウンロードすれば、それぞれのゾウがどこにいるか見つけることもできますよ。

イベントやお土産もチェック!

週末はできたてを求めて行列のできる名物スナックのスタンド 週末はできたてを求めて行列のできる名物スナックのスタンド

そんな動物園の名物スナックが、「エレファント・イヤー」。ゾウの耳のような(?)薄くて大きい揚げパンに、シナモンシュガーをまぶしたものです。歩きつかれて一休みする時にぴったりの甘さです。
もちろん園内各所にカフェやフードコートが配置されているので、サンドイッチやバーガーなどの軽食を取ることもできます。また、動物園のチケットを購入しなくても入れるゾーンに、レストラン「カスケード・グリル」や人気のギフトショップがあります。

この動物園では、夏は緑地での音楽や動物ショー、冬場は「ズー・ライト」という日没後に園内がイルミネーションで飾られるイベントなどが行われます。予めプログラムをチェックしてから行くと、より楽しく過ごせるかもしれません。ぜひ、サイトをチェックしてみてくださいね。

■関連情報

Oregon Zoo
住所:4001 SW Canyon Road, Portland, OR 97221
電話番号:+1 503-226-1561
営業時間:毎日9:30時から18時(メモリアルデイからレイバーデイの夏季)、16時(レイバーデイからメモリアルデイまでの冬季) *12月25日のみ休園
入園料:ピークシーズン(3/1-9/30)一般$14.95、シニア(65歳以上)$12.95、ユース(3−11歳)$9.95、2歳以下無料;オフシーズン(10/1-2/28)一般$9.95、シニア(65歳以上)$7.95、ユース(3−11歳)$4.95、2歳以下無料
ホームページ:http://www.oregonzoo.org/
最寄駅:Washington Park station(Max Red lineとBlue Line, Trimet Bus #63)*利用したマックス及びバスチケットを見せると入場券から$1.5割引

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/01/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索