page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
アメリカ合衆国・ポートランド・大自然の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

スリル満点!夏はオレゴンコーストの砂丘でワイルドに遊ぼう!


鳥取砂丘の20倍!オレゴンの砂丘地帯

白い砂がどこまでも続くオレゴン・デューン 白い砂がどこまでも続くオレゴン・デューン

オレゴンの海岸線「オレゴン・コースト」の中央には、「オレゴン・デューン・レクリエーション・エリア(Oregon Dunes National Recreation Area)」というフローレンスから南のクース・ベイまで南北約90キロに渡る砂丘地帯があります。面積は3,200エーカーと鳥取砂丘の約20倍の広さがあるそうです。
ポートランドのダウンタウンからフローレンスまでは、州間高速道路5号線(I5)を使ってユージンまで南下し、126号線で西へと向かうコースなら275km程度。車で3時間弱となります。ポートランドから約1時間半の距離にあるキャノンビーチから、海岸線を走る101号線を南下する方法は、5号線よりも時間はかかりますが、美しいドライブで人気があります。

砂丘でできる盛りだくさんのアクティビティ

Jessie M. Honeyman Memorial State Park内の淡水湖Cleawox Lake Jessie M. Honeyman Memorial State Park内の淡水湖Cleawox Lake

オレゴン・デューン・レクリエーション・エリアは海岸砂丘では、北米最大級で、幅も広いところは約4キロもあります。青い空と白い砂がどこまでも広がる美しい景観は、一度は体験したいもの。
また、この広い砂丘では、砂のお城を作ったりするのはもちろん、自転車、キャンプ、ハイキング、サンドボード、サンドスレッド(そり)、サンドバギー、乗馬、淡水湖でのペダルボート、カヌー、カヤック、スタンドアップパドルなど様々なアウトドア・アクティビティを楽しむことができます。

砂上のスノボ?砂丘ならではのスポーツ「サンドボード」

サンドボードに挑戦する子供たち サンドボードに挑戦する子供たち

おすすめのアクティビティの1つは、砂の斜面を専用のボードでスノーボードのように滑り降りる「サンドボード」。転んでも、砂なので痛くはありません。初心者でもスリルを楽しめます。
フローレンスにある「サンド・マスター・パーク」は、40エーカーのプライベートなサンドボードパーク。レッスンも行っています。また、24時間単位でボードをレンタルしていますので、「ジェシーMハニーマン記念州立公園」など、淡水湖やキャンプサイトのある州立公園に持ち込んでサンドボードを楽しむこともできますよ。

スリル満点のアトラクション「サンドバギー」

ジェットコースターのように砂丘を駆け抜けるサンドバギーのツアー ジェットコースターのように砂丘を駆け抜けるサンドバギーのツアー

もう1つのおすすめは、「サンドバギー」に乗って、砂丘を走り抜けるツアー。私たちが参加した「サンドランド・アドベンチャーズ」の「サンドレイル・ツアー」は、10人乗りのバギーで、10マイル(約16km)を走る30分のアクティビティ。ゴーグルとヘルメット、それにシートベルトを装着して出発です。砂を巻き上げて、砂の山を駆け上ったかと思えば急降下、水たまりの脇をすり抜けるといった具合に、ジェットコースターのようなスリルを味わうことができます。他にも1時間かけて砂丘19マイル、ビーチ1マイルを走り抜けるコースもあります。
砂だらけになっても大丈夫なウィンドブレーカーやバンダナがあると役立ちます。また、日焼け対策、水分補給も忘れずに!

■関連情報

ビーチまで続く砂丘のトレイル ビーチまで続く砂丘のトレイル

Oregon Dunes National Recreation Area
住所:855 U.S. 101, Reedsport, OR 97467
電話番号:+1(541) 271-6000
ホームページ:https://www.fs.usda.gov/recarea/siuslaw/recarea/?recid=42465

Sand Manster Park
住所:5351 US Hwy. 101, Florence, OR 97439
電話番号:+1(541)997-6006
ホームページ:http://www.sandmasterpark.com/

Sandland Adventures
住所:85366 Highway 101, Florence, OR 97439
電話番号:+1(541)997-8087
ホームページ:http://www.sandland.com/sandrail-tours/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/05/27)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索