サン アントニオ旅行・サン アントニオ観光徹底ガイド

サン アントニオ旅行・サン アントニオ観光徹底ガイド

サン アントニオ旅行・観光の見どころ・観光情報

テキサス州は19世紀の始めまでメキシコ領だった。サンアントニオの中心にある「アラモの砦」は、テキサスがメキシコから独立してアメリカの一部になる際に行われた激しい戦いが行われた場所。生々しい戦闘の様子を今に伝える展示があり、今でも訪れる人が絶えない。緑の多い街並みにメキシコ統治時代の古い建物が点在しており、ダウンタウンを流れるサンアントニオ川に沿って造られている遊歩道リバーウォークは、アラモの砦同様、一年中多くの観光客が訪れる人気スポットでおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

サン アントニオへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/24現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 111.8990 JPY 約13.0時間 約-15時間

サン アントニオの人気問合せ情報

サン アントニオの最安値カレンダー

サン アントニオ旅行・観光の選び方

大都市でありながら観光スポットは市内に集中していて歩きやすい

日本からのツアーでこの町に寄るものはなく、日本から直行便があるヒューストンが最寄りの空港となる。ダラスやヒューストンといった、同じテキサス州内の大都市と比べると高層ビルが少ないせいか、ダウンタウンはのんびりしている。アラモの砦やリバーウォークなどの人気スポットを巡るなら、徒歩でも移動が可能。行動範囲を広げたいなら、市内に3系統のルートをもつストリートカーを使うと便利だ。メキシコ風の土産を買うなら、ダウンタウンの西にあるマーケットスクエア、メキシコ料理を食べるならリバーウォーク周辺がいい。いずれもストリートカーでアクセスが可能。(2016年9月編集部調べ)


サン アントニオのグルメ・伝統料理

元々メキシコ領だったこともあり、テキサス州のなかでもこの周辺はメキシコの影響を強く受けているが、食文化はその最たるものだろう。「テックス・メックス(テキサスのアメリカナイズされたメキシコ料理)」が郷土料理といえるが、グルメを自認する人は、オリジナルのメキシコ料理を試したい。テキサスを代表する観光都市でもあるので、和食だけでなく、アジア系のレストラン、ヨーロッパ料理のレストランも多いので、食事の選択肢で困ることは少ない。(2015年編集部調べ)

サン アントニオのショッピング情報

ダウンタウンでのショッピングは、やはりリバーウォーク周辺の店が便利。メキシコの民芸品や陶器がお土産におすすめだ。歴史の町とは対照的なガラス張りの近未来的な外観のリバーセンターモールは町の中心部では最大のショッピングセンター。有名ブランドのブティックも多数出店している。リバーセンターモールとは川を挟んで反対側にあるマーケットスクエアは巨大メキシカン・マーケット。ここもぜひ足を運びたいスポットだ。(2015年編集部調べ)

サン アントニオの気温・降水量ベストシーズン情報

冬でも極端に寒くはならないので、1年を通じて観光ができる。ただし夏はかなり暑く、春先でも天気のいい日は30度を超えるようなことがある。服装は重ね着で気温の変化に対応できるようにしたい。(2015年編集部調べ)

サン アントニオの人気ツアー

サン アントニオ旅行・サン アントニオ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top