page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

シアトル旅行・シアトル観光徹底ガイド

シアトル旅行・観光の見どころ・観光情報

太平洋岸にある都市シアトルは、エリオット湾に面した町の中心部に観光ポイントが集まっており、観光しやすい。おすすめの観光スポットのパイク・プレイス・マーケットやシアトル美術館、パイオニアスクエア・パークなど、すべて徒歩圏内だ。町のシンボルでもある展望タワーのスペースニードルもダウンタウンから歩いていけるが、充実した公共交通機関を利用する手もある。郊外にもボーイング社の世界最大の工場の見学、オリンピック国立公園での森の探索、名峰マウントレーニエ周辺でハイキング……など見どころに事欠かない。とにかくアメリカ有数の人気観光都市なので、市内を楽しむ日、郊外に出かける日をしっかり決めて行動したい。(2016年9月編集部調べ)

シアトルへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/10/13現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 105.33303 約9.0時間 約-17時間

シアトルの人気問合せ情報

シアトルの最安値カレンダー

シアトル旅行・観光でぜひ訪れたい観光スポット

シアトル旅行・観光の選び方

過去の町を歩いたり、海から町を眺めたり、隣国カナダへ足を伸ばしたり……、多彩なツアーが揃う

ツアー期間が5日間のフリープランからあり、オプションで他都市との周遊や延泊ができる。また、オーロラツアーへ行く際の経由地で立ち寄ることもある。シアトルでは、土地をかさ上げした際、地下に埋もれることになった古い町を歩く「アンダーグラウンドツアー」、エリオット湾の洋上から町を眺めるクルーズ、マイクロソフトの創業者で世界有数の大富豪ビル・ゲイツの邸宅を眺めるツアー、マウントレーニエやノースカスケード、オリンピックなど豊かな自然に触れる国立公園を訪れるツアー、高速船で隣国カナダの町ビクトリアへの日帰りの旅など、ユニークなツアーが多い。街歩きに加えて、個人で行くのは難しい場所へは、積極的に現地発ツアーを利用したい。(2016年9月編集部調べ)


シアトルのグルメ・伝統料理

アメリカの西海岸、北のカナダ国境までは180kmほどのシアトルは近くに暖流も流れていて気候は穏やかなエリア。太平洋を北に行けばアラスカが待っており、その立地から、サーモン、タラ、キングクラブ、カキなど魚介類もフレッシュだ。シアトル近郊にはワイナリーも点在しているので、地元の料理は愛称のいいローカルワインと味わいたい。また、世界各地に支店を持つコーヒーチェーンの発祥の地でもあるせいか、香り高いコーヒーの香りに誘われて、思わず一休みしたくなるようなカフェが点在しているのもうれしい。(2015年編集部調べ)

シアトルのショッピング情報

ワシントン州一大きな街、シアトル。ボーイングやマイクロソフトなど世界的企業の本拠地でもあり、観光や仕事のために国内外から人が集まるという。ピュージェット湾に続く太平洋、オリンピック国立公園やマウントレーニア国立公園など自然豊かな環境だ。そのため、海の幸、郊外のワイナリー自慢の各種ワインなどなど、観光中にテイスティングして気に入ったものをお土産にしよう。ショッピングはダウンタウンならティファニーなどブランド店が集まるパシフィックプレイス、生鮮食料品からエコ商品などお土産探しにも便利なパイクプレイスマーケット、アウトレット品を扱うロスなど、目的に応じて各種そろう。(2015年編集部調べ)

シアトルの気温・降水量ベストシーズン情報

海洋性気候に属しているシアトルは、日本と同じく四季がある。冬は雨が多いが、一日中降り続くことは少なく、また気温も零下になることは少ない。とはいえ、観光のベストシーズンとなると、晴天の多い7〜9月がおすすめだ。この時期は湿度が低いさわやかな季節で、雨もほとんど降らない。旅の服装は、夏でも朝晩は冷え込むこともあり、カーディガンや薄手のジャケットを用意するといい。雨が多い冬に旅行する場合は、防水の上着や折りたたみの傘を。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!シアトルの観光最新情報

  • シアトルのオススメツアー

    シアトル旅行・シアトル観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook