インターリーグって?

大リーグはナショナルリーグとアメリカンリーグに分かれています。レギュラーシーズン前のオープン戦、ポストシーズンのワールドシリーズ以外では、リーグ内で試合をするのですが、例外があります。1997年から開催されているインターリーグと呼ばれる交流戦です。今では日本でも行われるようになったリーグを越えた交流戦ですが、その発端は1994年8月から1995年4月まで続いたストライキでした。その影響で1994年はレギュラーシーズンが中断し、多くのファンが離れていってしまいました。インターリーグは新たなファンを獲得するための策として始められたものです。

大リーグ野球を観戦しに、ワシントンD.C.のスタジアムに行ってみよう! 大リーグ野球を観戦しに、ワシントンD.C.のスタジアムに行ってみよう!

モントリオール・エクスポズからワシントン・ナショナルズへ

それまでリーグ優勝の経験がなかったカナダのモントリオール・エクスポズですが、1994年には74勝40敗という高い勝率で地区の1位を突っ走っていました。ストライキのおかげでチャンスを逃してしまったエクスポズは、その後、一度のリーグ優勝もないまま、モントリオールを去ることになりました。そして2005年にアメリカのワシントンDCへと本拠地を移し、チーム名もワシントン・ナショナルズと改称しました。今回はそのワシントン・ナショナルズについて紹介します。

ワシントンD.C.って、どんな町?

ワシントンD.C.はワシントン・コロンビア特別区の略で、アメリカの首都です。メリーランド州とバージニア州に接していて、州に比べると狭いエリアにも関わらず、労働人口は100万人を越える大都市です。ホワイトハウス、連邦議事堂などの政府施設だけでなく、博物館、美術館なども数多く、観光地としても人気です。

ワシントン・ナショナルズとナショナルズ・パーク

2008年に開場したナショナルズ・パークを本拠地とするワシントン・ナショナルズは2012年、2014年と地区優勝を達成しました。リーグ優勝は果たせませんでしたが、今ではナショナルリーグの強豪となりました。初のリーグ優勝、ワールドシリーズ制覇を成し遂げる日は近いはず。アメリカの首都を旅して、ナショナルズ・パークでナショナルズの初優勝に出くわす、そんな絶好の機会を狙ってみてください。