街のシンボル的存在「ワシントン記念塔」

ワシントンD.C.の中心部、「ナショナル・モール」にそびえ立つ巨大な白のオベリスクが「ワシントン記念塔(Washington Monument)」です。実はこれ、アメリカ合衆国大統領記念碑のひとつ。1776年の独立戦争時、イギリス軍との戦いで勝利を収めた初代大統領ジョージ・ワシントンの功績を称えて建造されました。大理石や花崗岩、砂岩など約3万6000個でできているこの塔の高さは169mで、1889年にフランス・パリにエッフェル塔が完成するまで世界でもっとも高い建築物だったそうです

ワシントン記念塔はD.C.のシンボル的存在 ワシントン記念塔はD.C.のシンボル的存在

目の前にそびえ立つ塔は、想像以上の迫力

テレビや映画などでしか見たことのなかった「ワシントン記念塔」ですが、実際に目の前にしてみると想像以上の大きさに驚きました。頂上にある展望台からはワシントンD.C.の大パノラマが楽しめるようなので、「ぜひ頂上からワシントンの街並みを一望してみたい!」と塔内へ入ることにしました。

期待に胸を膨らませ、いざ塔の中へ!

まずは入り口でセキュリティチェック。中に入ったら、順番に並んで1台しかないエレベーターを待ちます。そしていざ、頂上の展望台へ! 三角形になっている天井を見た時、「オベリスクの頂上にいるんだ」と改めて実感しました。とは言え塔内は思った以上に狭く、窓もかなり小さいです。が、眺めは最高! 北側には市街が広がり、ホワイトハウスが目の前に。東側にはスミソニアン博物館群が建ち並び、西側にはリンカーン記念館が見えました。美しい眺めに、高いところが大好きなわたしは大満足! しかも滞在初日だったため、市内の主な見どころの位置関係を事前に把握することもできました。

予約は電話、またはウェブサイトからどうぞ

ワシントン記念塔への入場は無料ですが、中へ入るには整理券が必要です。ちなみにこの整理券、「ワシントン・モニュメント・ロッジ」にて毎朝8時半から先着順で配布されます。が、朝並んで決められた時間に戻ってくるのは非効率的。というわけで、わたしはD.C.への旅行が決まってからすぐ、公式サイトで事前に予約しておきました(4月〜9月は1カ月前に予約が埋まってしまうこともあるそうです)。ちなみにウェブサイトからの予約はひとり1.5ドルの手数料がかかります。