アメリカ合衆国大統領官邸は街のど真ん中

テレビのニュースだけでなく、ドラマや映画などさまざまな場面で登場する「ホワイトハウス」。言わずと知れたアメリカ合衆国大統領の公邸&執務室で、たぶん世界中の誰もが知っている建物なのではないでしょうか。実はここを訪れるまでは、「閑静なエリアにひっそりと佇む」イメージを持っていたわたし。ところが実際はダウンタウンのど真ん中にあり、そのギャップに少々驚きました。初代大統領のジョージ・ワシントンの時代に着工し、完成したのは1800年。そして現在に至るまで、ずっとここが大統領官邸になっているそうです。

夕日に映える真っ白な建物「ホワイトハウス」 夕日に映える真っ白な建物「ホワイトハウス」

美しい外観ながらも、建物は想像より小さめ

北側に位置する正面はシンプルな造りでしたが、真っ白な外観と手入れの行き届いた緑の芝生とのコントラストが、とても美しいと思いました。ただテレビで見て想像していたよりも小さな建物だったので、なんとなく期待はずれだったような? ただ裏側に回ってみたら丸いポーチがあり、テレビで見るおなじみの姿を確認することができました。ちなみに「ホワイトハウス」の周りには、いつも大勢の観光客が。しかもわたしが訪れた時は、インド人グループによる抗議デモが行われていました。

「ホワイトハウス」内を見学するには?

外から眺めるだけでなく、「できれば中を見てみたい」と思うのは、わたしだけではないはず。とは言え一般人が中を見学するのは、かなりハードルが高いようです。ちなみに見学ツアーの申し込みは、アメリカの上・下院議員を通じて、半年前から少なくとも3週間前までに申し込まなくてはならないとか。公式サイトには自国の大使館を通じて申し込むようにとの記載もあるそうですが、日本の大使館では予約は行っていないようです。あとは「ホワイトハウス」や国務省などアメリカ政府で働いている友人に申し込んでもらうという手もありますが、いずれにせよ中を見学するのは至難の技なようですね。

ローズガーデンツアー参加なら敷地内へも

「ホワイトハウス」内へ入るのは至難の業ですが、「ローズガーデンツアー」に参加すれば敷地内へ入ることはできます。これは年に数回だけ(主に春・秋)、「ホワイトハウス」が一般人向けに開催する見学ツアー。敷地内にあるローズガーデンや、ミシェル・オバマ大統領夫人の菜園などを公開してくれます。ちなみにチケットは先着順で、しかも無料で配布。「ホワイトハウス」の公式サイトをまめにチェックしていると、いつ開催されるのかが分かりますよ。