page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ヨセミテ旅行・ヨセミテ観光徹底ガイド

ヨセミテ旅行・観光の見どころ・観光情報

アメリカを代表する国立公園であり、アメリカにおける自然保護活動の原点となる場所。その神々しいまでに美しく、想像を絶する壮大なスケールの風景を目の当たりにすれば、自然の素晴らしさを改めて感じるだろう。広大な国立公園で、観光の中心となる場所はヨセミテバレー。太古の昔に氷河が造りだした川が流れる渓谷から、垂直に1000m以上の高さでそそり立つ岩壁「エルキャピタン」やアメリカ最大の落差を誇る「ヨセミテ滝」などを眺めることができる。夏の間は渓谷内を無料のシャトルバスが運行している。バスに乗り、あるいは自分の足で歩いて、いろいろな場所から美しい風景を堪能したい。(2016年9月編集部調べ)

ヨセミテへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/04/03現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 108.16880 約10.5時間 約-17時間

ヨセミテの人気問合せ情報

ヨセミテの最安値カレンダー

ヨセミテ旅行・観光の選び方

自然を満喫するツアーで。ヨセミテバレーだけでなく巨木の森も歩いてみたい

日本からのツアーは、グランドキャニオンやセドナにも寄る、ツアー期間が8〜9日間のものが多い。その場合、ヨセミテバレーにあるホテルに1泊してサンフランシスコに戻ることが多いが、ここからロサンゼルスへ移動するものもある。ツアーでは難しいが、レンタカーなら渓谷以外の公園のポイントにアクセスが可能。例えば公園を東西に横切ってシエラネバダ山脈を越えるタイオーガパスや、世界最大の生物とも言われる巨木が見られるセコイアの森があるマリポサグローブなど、自然の神秘と美しさをさらに感じられるスポットを訪れることができる。ただしタイオーガパスは夏季のみ通行が可能なので注意したい。(2016年9月編集部調べ)


ヨセミテのグルメ・伝統料理

ヨセミテ渓谷内の食事は限られており、ビーフなどアメリカの伝統料理で受賞するアワニーホテル内のアワニー・ダイニングルームや、カリービレッジ内のビュッフェやピザなどがメイン。ヨセミテ公園内ならワウォナホテル内のワウォナ・ダイニングルーム。ヨセミテ公園の西入り口まで約20分のオークハースト市にあるホテル「Chateau du Sureau(シャトー・ドゥ・シュロー)」内の「Elderberry House(エルダーベリー・ハウス)」は、ファーム・トゥ・テーブル(地元農家の農作物を食卓へ)をテーマに、日本人の口に合うイチオシのグルメ料理を提供。(2015年編集部調べ)

ヨセミテのショッピング情報

ヨセミテの買い物は、「Ahwahnee Hotel(アワニーホテル)」内にあるショップや、「Yosemite Valley Visitor Center Bookstore(ヨセミテ渓谷・ビジターセンター・ブックストア)」で。ハーフドームなどヨセミテの人気観光スポットが描かれたステッカーやピン、ポストカード、バンダナ、パズル、ウォーターボトルなどが購入できるから、お土産に最適。ヨセミテ渓谷のモノクロ写真で有名なカメラマンのアンセル・アダムスの「アンセル・アダムス・ギャラリー」もあり、ポスターやポストカードなどが購入できる。(2015年編集部調べ)

ヨセミテの気温・降水量ベストシーズン情報

冬季は積雪で道路閉鎖や、真夏は日中30度を超えるため、春・秋の天気がベスト。ヨセミテ滝の1番の見頃、5月がおすすめ。ただし、日中は平均気温が23度だが、朝、夜は平均気温が5度と低く、服装は春・秋用と冬用がマスト(2015年編集部調べ)

ヨセミテのオススメツアー

ヨセミテ旅行・ヨセミテ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook