かなりの数が棲息するクリスマスアカガニ

前回からの続きです。「クリスマス島ならでは」というと、やはり“1億匹”と言われる、クリスマスアカガニの大移動でしょう。世界広しといえども、そんな光景が見られる場所はないのではないでしょうか。クリスマス島には多くの種類のカニがいますが、なかでもその数が多いのがこのクリスマスアカガニです。大きくなると体長12センチほどになるこのアカガニは、クリスマス島とココス島だけに棲む固有種です。ふだんは島の熱帯雨林の木の根元などに穴を掘って棲んでおり、落ち葉や果物、他の動物の死体などを食べています。もともとクリスマス島には、アカガニを食べるネズミが棲息していたのですが、20世紀初頭にネズミが絶滅すると、このアカガニが爆発的に増えてしまったのです。

これはすごい! 1億匹のカニが浜を埋め尽くすオーストラリア領クリスマス島へ その2 これはすごい! 1億匹のカニが浜を埋め尽くすオーストラリア領クリスマス島へ その2

道路を埋め尽くすカニの大移動

このクリスマス島、最大のイベントとなるのが、このカニたちの大移動です。10〜1月の雨季の大潮の夜、森からゾロゾロ出て来たカニたちは、時には何日もかけて島を横断し、産卵のために海へ海へとまっすぐ向かうのです。その途中に道路があれば、その道路はカニで埋め尽くされてしまいます。そのため車がカニを踏んでスリップしたり、また、道路が死骸で汚れたりもすることもあり、区間によっては車両通行禁止となるところもあります。しかし全部の道路を通行止めにする訳にはいきません。そこでカニが届かないくらいの敷居(crab fences)を作って道路に流入するカニを止め、道路の下や上を通るカニ用のバイパスを作ってそこに誘導する、という方法も行われています。それでも、毎年何百万匹かは人や車に踏みつぶされてしまうとか。

浜辺に達したカニたちは…

このカニの大移動、とにかく見た目がすごいので、よくドキュメンタリー番組でその映像が流れています。授業中の教室、民家、プレイ中のゴルフ場、とにかくありとあらゆるところが“カニだらけ”になるのです。住民はといえば、毎年のことなので動じる様子はありません。カニたちはやがて波打ち際に達し、浜辺や岩場はカニだらけになり、そこを踏まないで歩くのは不可能なほど。海岸では、まずオスが巣穴を掘ってメスを待ちます。メスがやって来るとオスはメスに穴を譲って森に帰りますが、メスはそこで抱卵し、卵が成熟した2週間ほど後に海に入り産卵します。産卵がすむと、やはりメスも森に帰ります。(その3につづく)