ブルーマウンテン国立公園旅行・ブルーマウンテン国立公園観光徹底ガイド

ブルーマウンテン国立公園旅行・ブルーマウンテン国立公園観光徹底ガイド


ブルーマウンテン国立公園旅行・観光の見どころ・観光情報

クリックで拡大表示
  • リリアンフェルズ
 
 

シドニーに住む人びとの理想は、40代で早期引退し、ブルーマウンテンズに牧場を開いて、毎日馬に乗って山を散策することだという。ここはシドニー中心部から100km程度なので、自然に囲まれて引退後の人生を送るには絶好の環境なのだろう。一帯には90種以上のユーカリが自生し、葉から発散される成分で周辺が青くかすんで見える。ブルーマウンテンズという名前は、この現象が由来だという。周辺にはここでしか見ることができない植物も多く、「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域」として2000年に世界遺産に登録された。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


ブルーマウンテン国立公園の旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
英語 AUD 約10.0時間 約1時間

ブルーマウンテン国立公園旅行・観光の選び方

シドニーから1〜2時間で行ける、オプショナルツアーの定番

世界遺産ブルーマウンテン国立公園の面積は、2680平方キロメートル。旅行者が全体をまわるのは無理だが、時間に余裕があれば、数泊して森や渓谷を散策するのもいいだろう。ツアーはたいていはシドニー泊で、日帰りでブルーマウンテンズに行く日程だ。もしくはシドニー滞在のフリープランを選んで、オプショナルツアーなどで行くといい。ツアー期間は、滞在型だと5日間から。ハイキングコースは多種多様で、短いものは30分、なかには3日間かけて歩く長距離コースもあるので、大都市シドニーにほど近い、自然の宝庫を楽しんでみてはどうだろう。ブルーマウンテンズでは、煙草の投げ捨てによる大規模な山火事が何度も起きており、喫煙者に対する警戒心は強いので、この地域での喫煙には注意しよう。(2016年9月編集部調べ)


ブルーマウンテン国立公園観光のこだわりポイント

貴重な植物の宝庫大自然
この周辺は、太古の時代から、生態系に大きな変化がなかったために他では見ることができない貴重な植物が生育している。
ブルーマウンテンズ国立公園地域世界遺産
希少な植物の生態を守るために、2000年に国立公園とその周辺地域が世界自然遺産として登録された。
空から公園を眺める国立公園
人気のアトラクション「シーニック・スカイウエイ」や「シーニック・フライアウエイ」。ロープウエイで空から公園が眺められる。
身も心もリフレッシュプール施設あり
観光の後、ホテルに戻った時に冷たいプールに入れば、暑さもやわらぐ。ツアーではプール付きのホテルを選ぼう。
家族で旅行を楽しむならコネクティングルーム
つながっていれば、廊下に出なくても部屋を行き来できる。隣へ行くのにいちいち着替える心配もない。

現地ガイド発!ブルーマウンテン国立公園の観光最新情報

2014/10/29 観光地・名所

ブルーマウンテンズの歩き方

ブルーマウンテン国立公園旅行イメージ-ビジターセンターもあるので情報収集に立ち寄ってみては ビジターセンターもあるので情報収集に立ち寄ってみては

シドニーから車で約二時間、西に110キロところに位置するブルーマウンテンズ国立公園は2000年に世界遺産登録されました。エリア全体を見渡せるエコーポイントからは青い山脈と三つの奇岩がよく見えます。この辺りはユーカリが生息し、気温が上がるとユーカリに含まれている油分が空気中に気化して広がり、太陽の光でそれが青く見えることからこの名がついたそうです。またアボリジニの伝説によると、魔物から守るため父親に魔法をかけられて岩になってしまった三姉妹がスリーシスターズの奇岩に、父はコトドリの姿になり元に戻らなくなったとか。続きを見る



ブルーマウンテン国立公園人気の旅行


最安料金万円

合算 154.00万円
旅行代金: 154.00万円
燃油:旅行代金に含まれています
6日間
羽田発

ブルーマウンテン国立公園 ツアー

【ビジネスクラスの旅 夢の休日】 ブルーマウンテンズの休日

ホテル:ウォルガン・バレー・リゾート&スパ(ブル…
航空会社:カンタス航空 指定

旅行会社/ブランド:ルックJTB


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ブルーマウンテン国立公園旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、ブルーマウンテン国立公園観光情報が満載。
ブルーマウンテン国立公園旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。