ブルー・マウンテンズ国立公園旅行・ブルー・マウンテンズ国立公園観光徹底ガイド

ブルー・マウンテンズ国立公園旅行・ブルー・マウンテンズ国立公園観光徹底ガイド

ブルー・マウンテンズ国立公園旅行・観光の見どころ・観光情報

シドニーに住む人びとの理想は、40代で早期引退し、ブルーマウンテンズに牧場を開いて、毎日馬に乗って山を散策することだという。ここはシドニー中心部から100km程度なので、自然に囲まれて引退後の人生を送るには絶好の環境なのだろう。一帯には90種以上のユーカリが自生し、葉から発散される成分で周辺が青くかすんで見える。ブルーマウンテンズという名前は、この現象が由来だという。周辺にはここでしか見ることができない植物も多く、「グレーター・ブルー・マウンテンズ地域」として2000年に世界遺産に登録された。(2016年9月編集部調べ)

ブルー・マウンテンズ国立公園へ行くツアーを見る

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
英語 AUD 約10.0時間 約1時間

ブルー・マウンテンズ国立公園の人気問合せ情報

ブルー・マウンテンズ国立公園の最安値カレンダー

ブルー・マウンテンズ国立公園旅行・観光の選び方

シドニーから1〜2時間で行ける、オプショナルツアーの定番

世界遺産ブルーマウンテン国立公園の面積は、2680平方キロメートル。旅行者が全体をまわるのは無理だが、時間に余裕があれば、数泊して森や渓谷を散策するのもいいだろう。ツアーはたいていはシドニー泊で、日帰りでブルーマウンテンズに行く日程だ。もしくはシドニー滞在のフリープランを選んで、オプショナルツアーなどで行くといい。ツアー期間は、滞在型だと5日間から。ハイキングコースは多種多様で、短いものは30分、なかには3日間かけて歩く長距離コースもあるので、大都市シドニーにほど近い、自然の宝庫を楽しんでみてはどうだろう。ブルーマウンテンズでは、煙草の投げ捨てによる大規模な山火事が何度も起きており、喫煙者に対する警戒心は強いので、この地域での喫煙には注意しよう。(2016年9月編集部調べ)


ブルー・マウンテンズ国立公園のグルメ・伝統料理

シドニーからも気軽に訪れることができる距離にあり、世界遺産に登録されている人気の国立公園だけあって食事に困ることはない。園内にあるリゾート、「リリアンフェルズ」内のレストランは、グルメ雑誌に登場するほどの人気店。また公園への拠点となるカトゥーンバには、中華、タイ、韓国などのアジア系から、イタリアンなどのヨーロッパ系まで、さまざま料理のレストランが揃っている。歴史ある避暑地だけに、クラシックな雰囲気のカフェもある。(2015年編集部調べ)

ブルー・マウンテンズ国立公園のショッピング情報

園内のヘリテージセンターにはギフトショップがあり、ここでお土産を買うことは可能。ただ規模は小さく、セレクションは限られる。カトゥーンバには、ルーライン・ストリートの沿道をはじめ、ギャラリーや土産物店があるので、買い物をするならこちらがいい。アボリジニのアートをはじめ、クラフトや雑貨、アンティークなどに興味がある人は、カトゥーンバから列車で約6分、隣の駅ルーラに行ったほうがいい。歩いて回れる範囲に、洒落た店がたくさん集まっている。(2015年編集部調べ)

ブルー・マウンテンズ国立公園の気温・降水量ベストシーズン情報

山岳地帯だが、標高は最高で1000m程度なので、冬季でも極端に寒くなることはない。ベストシーズンとしては春から秋だが、一年中観光は可能。冬は寒さ対策を考えた服装を用意すれば、他の季節に比べて天気のいい日が多い。(2015年編集部調べ)

ブルー・マウンテンズ国立公園のオススメツアー

ブルー・マウンテンズ国立公園旅行・ブルー・マウンテンズ国立公園観光徹底ガイド

1件ヒットしました (1旅行会社 165.00万円)
  • 1|

合算燃 165.00

旅行代金: 165.00

燃油燃:旅行代金に含まれています

8日間

羽田発

ビジネスクラス情報

オーストラリア (メルボルン、ブルー・マウンテンズ国立公園) ツアー

ホテル:
リリアンフェルズ、シャトー・イエリング・ヒストリック・ハウス・ホテル、…
航空会社:
カンタス航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

1件ヒットしました (1旅行会社 165.00万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top