さん(する)

掲載日:2017/04/19

旧正月を祝おう!チャイニーズ・ニューイヤー・ストリート・フェスティバルに行ってきました

毎年ケアンズでは、中国の旧正月に近い週末にお祭りがあります。この旧正月のお祭り、チャイニーズ・ニューイヤー・ストリート・フェスティバルは、市内中心部のグラフトン・ストリートを歩行者天国にして、食べ物や中国風雑貨などの出店などが並び、ステージが設置されて、歌やダンスなど様々なイベントが行われます。旧正月のお祝いなのですが、中国だけでなく、アジア全体が一丸となって盛り上がる、インターナショナルなイベントとなっています。

カテゴリ:イベント エリア:オセアニア  オーストラリア  ケアンズ キーワード: ニューイヤー 祭り ミュージック カーニバル

ABガイド:Yasue Asai

Yasue Asai
オーストラリア・ケアンズ在住。海外で暮らしたい!とワーキングホリデーでオーストラリアにやってきたのが2003年。真っ青な空を眺めて、のんびり暮らしているうちに、気がつけば早10年以上が経過。その間、ツア ーガイド、留学カウンセラー、旅行会社、英語学校勤務などを経て、現在は、1児の母となり、主婦の傍ら、海外在住ライターとしてオーストラリアの魅力を日本へ向けて発信中。

不思議な音色のブータンオーケストラ

不思議な音色のブータンオーケストラ

2017年のストリート・フェスティバルは午後4時からで、その前の午前11時から午後4時まで開かれていたオーキッドプラザ(アジア系ビジネス&フードの集合地帯)でのフード・アンド・カルチャルフェスティバルと同日開催となり、さらに盛り上がりを見せました。写真は、ブータンの伝統音楽を奏でるオーケストラ。見たことのない楽器からは、聞いたことがないような音楽が流れてくるのでした。

艶やかコリアンダンサーズ

艶やかコリアンダンサーズ

アジア系のフードコートとレストランが軒を連ねるオーキッドプラザでは、どのお店の前も、特設カウンターを設置し、売り切れ御免の$5ランチボックスを販売していました。ちょうどランチタイムを挟んでのイベントだったので、この日だけのスペシャルランチを食べつつ、ステージの出し物を見物する人が沢山いました。写真は、華やかな衣装を早着替えする、トラディショナル・コリアン・ダンサーズ。夕方からのストリート・フェスティバルにも登場して、大忙しのコリアン女子達でした。

日本チームは和太鼓とよさこい

日本チームは和太鼓とよさこい

ケアンズには、よさこいと、2つの和太鼓チームがあり、日本勢も、フード・アンド・カルチャルフェスティバルと、ストリート・フェスティバルの両方で大活躍していました。今の時期は雨季に当たるケアンズ。生憎外は、雨が降ったり止んだりの天気でしたが、蒸し暑さを冷ましてくれて、気持ちがよかったです。チャイニーズドラゴンと和太鼓のコラボもあり、日中合作のステージは、雨にも負けず風にも負けず、大喝采を浴びていました。

メインイベント!ライオンダンスと爆竹

メインイベント!ライオンダンスと爆竹

チャイニーズニューイヤーと言えば、ライオンダンスです。日本でいう獅子舞のようなものですが、見ての通りのド派手なカラーとなっております。ご祝儀を入れた赤いポチ袋をライオンに渡して、ガブっと噛みつかれると縁起がよいらしいです。ポチ袋はライオンダンサーズのスタッフが配り歩いていて、受け取ったポチ袋をヒラヒラさせると、ライオンが近づいてきてくれます。ダンスのフィナーレは、泣く子はもっと泣く、爆竹の轟音で幕を閉じたのでした。

ドラゴンも舞い宴は夜まで続く

ドラゴンも舞い宴は夜まで続く

ライオンダンスと並んで、チャイニーズ・ニューイヤー・フェスティバルの目玉となっているのが、ドラゴンダンス。黄金の玉を追いかけて、ドラゴンが舞い踊ります。イベント中何度も登場して練り歩き、観客を沸かせていました。

Cairns Airport Chinese New Year Street Festival
Grafton Street (between Spence and Shields Streets)
http://cairnschinesenewyear.org/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/04/19)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索