さん(する)

掲載日:2019/03/15

先住民ガイドと太古の森を歩く!モスマンゴージ・ドリームタイムウォーク

モスマンゴージは、世界遺産に登録されているデインツリー国立公園の南部にある渓谷です。ケアンズから約77km、ポートダグラスから20kmの所に位置し、澄んだ水の流れる川と、世界最古の熱帯雨林がある、人気のアウトドアスポットです。 オーストラリアの先住民族全体のことを、アボリジニ族と言いますが、ここモスマン近辺に住んでいるのは、グーグーヤランジーという部族。その、大昔から自然と共に生きてきた先住民族のガイドが、彼らの受け継いできた暮らしの知恵や、熱帯雨林の歴史などを、リアルに紹介してくれるツアーが、ドリームタイムウォークです。 驚きと発見がいっぱいのドリームタイムウォーク、おススメです。

カテゴリ:スポット エリア:オセアニア  オーストラリア  モスマン キーワード: 世界遺産 観光地 自然

ABガイド:Yasue Asai

Yasue Asai
オーストラリア・ケアンズ在住。海外で暮らしたい!とワーキングホリデーでオーストラリアにやってきたのが2003年。真っ青な空を眺めて、のんびり暮らしているうちに、気がつけば早10年以上が経過。その間、ツア ーガイド、留学カウンセラー、旅行会社、英語学校勤務などを経て、現在は、1児の母となり、主婦の傍ら、海外在住ライターとしてオーストラリアの魅力を日本へ向けて発信中。

先ずはビジターセンターへ

先ずはビジターセンターへ

モスマンゴージへ行く時は、先ずはモスマンゴージ・ビジターセンターに行きます。ここから先、渓谷の入り口までの道は、一般の車は進入禁止になっているので、ここからはシャトルバスに乗って行くのです。
シャトルバスは、朝8時から午後5時45分まで、15分おきに循環しています。

自由に散策を楽しみたいときは、このシャトルバスを利用するとよいでしょう。モスマンゴージには美しい川がありますが、水流の変化が激しいので、その日の状況を確認して、各自の責任で泳ぐようにとの注意書きがあります。遊泳の際は十分な注意が必要です。

【シャトルバス料金】
大人 $9.80
子供(5-15歳)$4.85
幼児(0-4歳)無料
ファミリーパス(大人2 + 子供2)$24.20
*2018年4月1日〜2019年3月31日現在

必見!ドリームタイムウォーク

必見!ドリームタイムウォーク

モスマンまで行ったなら、是非おススメしたいのが、先住民族ガイドと一緒に熱帯雨林の散策をするツアー、ドリームタイムウォークです。ドリームタイムウォークに参加するときは、シャトルバスとは別のバスで、ガイドウォーク専用の散策路に行きます。

散策路の入り口で、体を清める煙の儀式をして、ツアー開始です。ツアーでは、熱帯雨林の成り立ちや、植物の説明の他、先住民族の歴史や文化、自然と共に生きる知恵などを肌で感じることができます。

ディジュリドゥ演奏とティータイムも!

ディジュリドゥ演奏とティータイムも!

熱帯雨林の散策を終えると、オーストラリアの伝統的な食べ物である、ダンパーと呼ばれる素朴なパンと、ブッシュティーが振る舞われます。ティータイムの間、アボリジニ族が使うボディペインティングや、葉っぱを使った石鹸のデモンストレーション、また、伝統的な楽器ディジュリドゥの説明と演奏がありました。ツアーを終えた後に聞くディジュリドゥの音色は格別です。お伝え出来ないのがとても残念。

ドリームタイムウォークは、約1時間半のツアーになります。

【ドリームタイムウォーク料金】
大人:$75
子供(5-15歳):$37
幼児(0-4歳):無料
ファミリーパス(大人2+ 子供2):$185
*2018年4月1日〜2019年3月31日現在

スポット情報

スポット情報

【Mossman Gorge Centre】
センターには、カフェ・レストラン・アボリジニアートギャラリー・ギフトショップ・トイレ・シャワーなどの施設があります。

営業時間:毎日8am〜6pm(クリスマスを除く)
住所:212r Mossman Gorge Road, Mossman QLD 4873
電話番号:07 4099 7000
Email: walk@mossmangorge.com.au
ウェブサイト:https://www.mossmangorge.com.au/

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて


キーワードで記事検索

検索