新世界ワインのひとつとして注目されています

ワインと言えばフランス、スペイン、イタリアなどのヨーロッパ諸国が有名ですが、今ではチリ、アメリカのワインも「新世界ワイン」として注目されています。そんな“新世界”の中には、オーストラリアも含まれていることをご存知でしょうか。さっぱりとした白ワインから、重厚な赤ワインまで。オーストラリアのワイナリーもこだわりをもってワイン作りに取り組んでいます。

フランスだけじゃない! オーストラリアワインも注目されています フランスだけじゃない! オーストラリアワインも注目されています

国内ワイン生産量の約半分を生産する名産地

オーストラリアワインの年間生産量の半分を生産しているのは、アデレード周辺の「バロッサ・ヴァレー」というところです。南オーストラリアにある名醸地で、シラーズ種の赤が代表作です。シラーズと言えばタンニンの強い古典品種であり、重めの赤ワイン通が好む品種。お肉料理と相性がいいので、モダン・オーストラリアンで提供される肉料理にもぴったりですよ。アデレード周辺には「アデレード・ヒルズ」という場所もあり、白ワインに起用されるシャルドネの品質のよさはトップクラス。標高差と複雑な地形によって、酸味と甘みのバランスを絶妙にするのです。

通なら外せないオーストラリア・ワイン最高峰

西オーストラリアのパース周辺にも良質なワインを作るワイナリーがあります。「スワン・ヴァレー」は、良質なのに手頃なワインを作り出す産地として有名です。パースから日帰りのツアーや、ワインクルーズが開催されています。土地勘がなくても、気軽にワイナリーを巡ることができますよ。パース周辺には「マーガレットリバー」という場所もあり、ここもワイン好きなら外せない場所です。なぜなら、オーストラリアワイン最高峰の産地と称されているからです。

レストラン、ギャラリー、コンサートも見もの

マーガレット・リバーでおすすめのワイナリーのひとつが「ブルックランド・ヴァレー」。各種賞を受賞しているワインが多く、レストラン、ギャラリーが併設されています。ワイン愛好家も多く訪れる場所なので、味もお墨付き!また、「ルーウィン」というワイナリーはシャルドネが有名で、毎年2月に開催される一流アーティストによるコンサートも見ものです。