アリススプリングス旅行・アリススプリングス観光徹底ガイド

アリススプリングス旅行・アリススプリングス観光徹底ガイド

アリススプリングス旅行・観光の見どころ・観光情報

アリススプリングスはオーストラリア大陸のほぼ中心にあり、オーストラリアの都市のなかでも、行くにはもっとも不便な場所のひとつという。現在のアリススプリングスは、世界遺産のエアーズロック(ウルル)に行く観光客が立ち寄る町として知られている。北部準州(ノーザン・テリトリー)にはオーストラリア先住民が多いが、アリススプリングスもそのひとつだ。おすすめの場所は、町の北に位置する小高い丘、アンザックヒル。ここから眺めると、町が砂漠の中のオアシスのような存在であることに気が付くだろう。(2016年9月編集部調べ)

アリススプリングスへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/05/01現在) フライト時間 現地との時差
英語 AUD 1 AUD = 83.5024 JPY 約13.0時間 約0.5時間

アリススプリングスの人気問合せ情報

アリススプリングスの最安値カレンダー

アリススプリングス旅行・観光の選び方

アリススプリングスで、広大なオーストラリアの厳しい自然を体験したい

エアーズロックとアリススプリングスに行くパッケージツアーは、現地では2〜3泊が多い。エアーズロック自体の美しさや、日の出・日の入りのときに見せる色の変化を味わうには、付近に泊まらねばならないからだ。アリススプリングスは自然環境の厳しい場所で、11月から3月にかけてはほとんど毎日最高気温が40度を超え、一方、最低気温は10度に満たないこともある。内陸なので食材には恵まれていないが、ワニやカンガルー、エミューなどを食べさせるレストランもある。(2016年9月編集部調べ)


アリススプリングスのグルメ・伝統料理

人口2万5000人の小さな町だが、オーストラリアのシンボルであるエアーズロック(ウルル)へのゲートウェイとして大勢の観光客がやってくる。グルメなレストランを期待するのは難しいが、町の規模から考えると、食事の面では、かなり充実した時間が過ごせるはずだ。オージービーフのステーキが自慢の店から、タイ料理などのアジア系、ちょっと洒落たビストロまで種類は豊富。伝統料理ではないが、アボリジニの食材や、彼らが使っている薬草などを使ったユニークなメニューを揃えている店もある。(2015年編集部調べ)

アリススプリングスのショッピング情報

オーストラリアの先住民、アボリジニのアートがこの町の名産品。多くのギャラリーがあり、値段も手ごろなものから、かなり高価なものまで、品揃えも充実している。日本人のスタッフがいる店もあるので、お土産探しの相談などができるので便利だ。洋服や日用品の買い物は、町の中心にあるトッドモールの周辺へ。アリスプラザ、イェペレニィ・ショッピングセンターなどのショッピングモールの他に、さまざまな店がが集まっている。(2015年編集部調べ)

アリススプリングスの気温・降水量ベストシーズン情報

雨が少ない砂漠気候なので、天気は年間を通じていい。夏(11〜3月)は、日中40度以上になることもあるので、長時間外を歩くには不向き。冬は最高気温が20度前後で過ごしやすいが、日が落ちると急に気温が下がる。服装は温度調整しやすい重ね着で。(2015年編集部調べ)

現地ガイド発!アリススプリングスの観光最新情報

  • アリススプリングスの人気ツアー

    アリススプリングス旅行・アリススプリングス観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook


    page top