自然の中では想定外のことも起こるのでご注意を

オーストラリアの見どころのひとつが、壮大な自然。何事もなく楽しく観光できればいいのですが、思わぬケガをしてしまうことも想定されます。ビーチでは波にさらわれる事故が後を絶たないので、十分に気をつけましょう。ライフセーバーの目の届くところで泳ぎ、くれぐれも無理をしないこと。海に限らず川でも同じです。遊泳禁止の場所は絶対に入らないでください。また、その他の観光地でも気をつけたいのが、日射病や日焼け。ふだんは健康な人でも、日差しの強いオーストラリアでは日射病になってしまうこともよくあります。アウトバック地域、北部熱帯地域では水分補給や日よけ対策を忘れずに!

季節が逆で日中の気温差も大きい! オーストラリアで体調を管理するには 季節が逆で日中の気温差も大きい! オーストラリアで体調を管理するには

無理は厳禁! 気温差や疲れで体調を崩すことも

自然の中でなくても、街歩きをしているとき、ホテルステイ中にも体調を崩してしまうことがあります。慣れない場所で疲れがたまってしまうので、無理はせず余裕をもったスケジュールで行動しましょう。日本とは季節が正反対で体が順応できなかったり、朝晩と日中の気温差で体調管理が難しかったりと、とても風邪を引きやすい環境です。脱いだり着たりができるように、気温に合わせて洋服をコントロールできるようにしておくのがおすすめです。

日本語医療センターなら、日本語で対応してくれる

万が一の場合は病院を利用します。オーストラリアの医療水準は高く、充実した設備のある総合病院も数多くあります。各都市に日本語医療センターがあるので、緊急時の対応も日本語で行ってくれるので安心して治療が受けられます。英語に自信がなく、日本語医療センターがない町でドクターにかからなければいけない場合は、日本語通訳が必要であることを伝えましょう。緊急でなければ電話で診療の予約をすることもできます。その際に、日本語通訳の予約もしてください。

常備薬があるならば日本から持参しましょう

オーストラリアの薬局は『CHEMIST』と記されています。お腹が痛い、頭痛があるといった場合に気軽に利用することができますが、気をつけなければいけないことがあります。ビタミン剤、頭痛薬、胃腸の薬といった一般的な薬以外のものを購入するとき、医師の処方箋が必要なので、あまりに調子がおかしい場合はまず病院へ行くべきです。常備薬があるならば、日本から持って行くようにしましょう。