page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストラリア・エアーズロック・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

神聖なる岩、エアーズロック


幻想的なエアーズロック

巨大な岩をみるビューポイントは数か所あり。リゾート内にもルックアウトが5つあります。 巨大な岩をみるビューポイントは数か所あり。リゾート内にもルックアウトが5つあります。

オーストラリアの中央にある一枚岩のエアーズロック。近くには空港もあり、リゾートにある宿泊施設敷地内には無料シャトルバスが走っています。周囲9.4キロ、標高868メートルの岩は先住民のアナング族にとっては神聖な場所であり、登山事故で命を落とす人もいることから、登ることは薦められていませんが、自己責任で登る人の姿はチラホラ。まわりを一周歩いたり、レンタル自転車に乗ることもできます。毎朝8時にある約1時間半の無料ガイドつきマラウォークでは、壁画の意味やこの土地にまつわる話が聞けて理解がより深まります。

ウルル・カタ・ジュタ国立公園

カタジュタはウルルから30キロの距離。 カタジュタはウルルから30キロの距離。

エアーズロックは英語名でアナング族の言葉ではウルル。ウルルもカタ・ジュタ(英語名オルガス)も国立公園内に位置し、入園料は25ドル(3日間有効)。岩の色が幻想的に変化する、日の出と日の入り鑑賞はマスト。カタ・ジュタにはいくつかのトレイルがあり、距離とかかる時間が記されているので自分のスタイルにあったものを選べます。夏季は温度が36度以上になるとトレイルは閉鎖になるのでサンライズ直後に歩き始め午前11時には終了するのがおすすめ。「たくさんの頭」を意味するカタ・ジュタは大小36の奇岩が連なっています。

ウルル・カタ・ジュタ・カルチュアルセンター

自転車レンタルはカルチュアルセンター前でできます。 自転車レンタルはカルチュアルセンター前でできます。

ウルル・カタジュタ国立公園は2万年以上前からこの地に住んできたアナング族の土地であるとオーストラリア政府も正式に認めており、彼らの儀式の最中などは観光客が立ち入れない地域も。カルチュアセンターではこの土地の歴史や先住民の習慣や文化、生活様式について展示されています。センター内での写真撮影は禁止。ショップではアボリジニアートのユニークなグッズも売っているので立ち寄りたいもの。最近では2014年4月にイギリス皇室のウィリアム王子とキャサリン妃が訪れたことで話題になっています。

アナング族の文化体験

銀行やATMもあるので、現金が足りなくなっても安心。 銀行やATMもあるので、現金が足りなくなっても安心。

エアーズロックリゾートの敷地内にあるタウンセンターにはレストランやスーパーマーケット、各ツアーの申込みカウンターがあります。おみやげ屋さんで帽子のつばにコルクがついたコルクハットや、かぶるネットのハエ防止帽子を発見。ハエの数が半端ではなく、目や鼻の中に容赦なく飛び込んでくるのです。アナング族の踊りや特殊な技法を使ったアボリジニアートのワークショップ、ブーメランや槍の投げ方講座など数多くのイベントも開催。誰でも参加できます。アボリジニ工芸品はマルクマーケットプレイスで購入可。

【関連情報】

壁画を説明するマラウォークのガイドの話を聞くネット帽子をかぶる観光客。 壁画を説明するマラウォークのガイドの話を聞くネット帽子をかぶる観光客。

ウルル カタ・ジュタ国立公園 http://www.parksaustralia.gov.au/uluru/
国立公園内シャトルバスhttp://www.uluruexpppre.com.au
エアーズロック・リゾート http://www.ayersrockresort.com.au/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/08/13)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索