天然スライダーで爽快気分に

ケアンズ南にある町バビンダよりもさらに南に、「ジョセフィン・フォールス」という滝があります。のどかなサトウキビ畑が広がる国道を、道路標示に従って行けば簡単にたどり着けます。芝生の広がる公園に車を停め、森の中に設置された遊歩道を進んで川へ。たどり着いた川には、巨大で表面がすべすべの岩が広がっており、川の水がその岩肌を洗うかのように流れています。訪れた人はこの岩を滑り台のようにして、川遊びを楽しんでいます。

ケアンズはビーチだけじゃない! 車をレンタルして出かけよう その2 滝遊び編 ケアンズはビーチだけじゃない! 車をレンタルして出かけよう その2 滝遊び編

滑りにくいサンダルを準備しよう

熱帯雨林が広がるこの土地には、日陰になるところにはコケが多く生えています。ジョセフィン・フォールスの岩場も、藻やコケが生えていて滑りやすくなっています。スライダーとしては満点の条件ですが、岩場を歩く場合は危険なので、ビーチサンダルよりも滑りにくいサンダルを準備しましょう。力強い水の流れですが、スライダーの下には大きなプール状の深みがあるので、滑り終えた後は安全です。

打たせ滝で肩こり解消?

ジョセフィン・フォールスから内陸の「アサートン・テーブルランド」地方に進むと、「ミラ・ミラ・フォールス」という滝があります。水は十数メートル上から流れ、豪快に巨大な滝つぼへ注がれています。駐車場付近には、トイレと更衣室まであり、訪れやすい場所です。この滝つぼは大きなプールになっており、泳いで滝へ行く事が可能です。また、泳げない人は、歩いて滝の裏側に回りこむことができます。滝をくぐり、冷たい水の打たせ滝は、マイナスイオンたっぷりの自然のマッサージ機です。

美しい景色と一緒に眺められるバロン・フォールス

ケアンズ北部の町「キュランダ」へ向かう途中、「バロン川」に架かる橋があります。橋の近くには、ケアンズとキュランダを結ぶ観光用列車が運行されており、展望台があります。この展望台から、高さ280mの「バロン・フォールス」が見えます。この川と滝には入ることができませんが、列車と大自然を背景に眺める滝は、とても雄大です。ケアンズは海だけでなく、川や滝、そして森も楽しめます。ここで日常生活の疲れを、大自然でデトックスしましょう。