世界自然遺産の中にある島

日本から直通便のあるオーストラリア・ケアンズ。この都市は、世界自然遺産である「グレートバリアリーフ」への玄関口として、年中観光客でにぎわっています。家族で楽しむならば、グレートバリアリーフの浮かぶ島の一つ「グリーン島」に行くのははいかがでしょうか。ケアンズの港から船で40分で到着の距離ですが、島には観光客がいてもほどほどの人数のため、きれいな海とビーチでのんびりと過ごすことができます。

自然にあふれた島でのんびり過ごそう 自然にあふれた島でのんびり過ごそう

どうやって島に行けるの?

ケアンズの中心地にはたくさんの旅行会社が軒を連ねているので、グリーン島へのツアーを尋ねてみましょう。ツアーと行っても、往復の乗船チケットにシュノーケル、食事がついているものであってガイドがいるわけではありません。また、旅行会社によって手数料が異なるので同じ内容であっても料金が違うこともあるので、数軒巡って比較するのもよいでしょう。日本人の旅行会社も数軒あるので、英語に不安がある人はそちらで申し込みましょう。

島でできるアクティビティ

さて、島では何をすればいいのでしょう。シュノーケルを使って泳げば、サンゴや大シャコガイを見つけることができます。泳げない人は、ライフジャケットをレンタルして楽しみましょう。海水がいやだという人は、島にあるプールを利用してみてはどうでしょう。リゾート地のようにプールやレストランがあるので、のんびりお酒を飲むのもいいですね。島には所要1〜2時間程度のトレッキングができる遊歩道が整っているので、潮風を受けながら散策ができます。人懐っこい小鳥たちが歓迎してくれますよ。

ウミガメが顔を出してくれるかも

船が停泊する桟橋付近では、魚やウミガメに出会えたりします。人が泳いで近づかない辺りに、泳いでいることが多いですよ。確実にウミガメやたくさんのサンゴや魚たちを見たい場合は、スキューバダイビングのツアーに参加することをお勧めします。免許がなくてもガイドと一緒に潜水することができますよ。各々が楽しめるこのグリーン島へ家族旅行で訪れてみましょう。