ダーウィン旅行・ダーウィン観光徹底ガイド

ダーウィン旅行・ダーウィン観光徹底ガイド

ダーウィン旅行・観光の見どころ・観光情報

北部準州(ノーザン・テリトリー)の州都ダーウィンは南緯12度に位置し、オーストラリアの主要都市のなかではもっとも赤道に近い。熱帯性気候で、最高気温は年間を通じて30度を超える。人口は12万6000人程度で、のどかな南国の町という印象だ。名前の由来は、進化論で知られるチャールズ・ダーウィンが訪問したことから。北部準州は自然の豊かなところとしてオーストラリア人に知られており、ダーウィンは周辺のカカドゥ国立公園(世界遺産)、リッチフィールド国立公園、ニトミルク国立公園などへの入り口になっている。(2016年9月編集部調べ)

ダーウィンへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/04/26現在) フライト時間 現地との時差
英語 AUD 1 AUD = 83.5500 JPY 約9時間 約1時間

ダーウィンの人気問合せ情報

ダーウィンの最安値カレンダー

ダーウィン旅行・観光の選び方

オーストラリア北部の自然を感じるツアーで。世界遺産のカカドゥ国立公園のアクセス都市

ダーウィンに行くツアーは4日間からあるが、6〜7日間のツアー期間が多い。オーストラリア北部の大自然を楽しむために、国立公園観光を含むもの、滞在中は自由行動のものなどがある。日本からダーウィンへの直行便はなく、ケアンズやマレーシアのクアラルンプールを経由、またはそこで乗り継ぐ。経由地のクアラルンプールに1泊するプランもある。町の歴史は19世紀に始まるが、1974年の大型サイクロンでほとんどの建物が破壊され、町並みは新しい。中心部にある州立図書館には、サイクロンで受けた被害状況の記録や、その後の復興計画の青写真、現在までの資料が保管されている。(2016年9月編集部調べ)


ダーウィンのグルメ・伝統料理

ダーウィンは多文化都市なので、さまざまな国の料理を食べることができる。タイ料理、中華料理、インド料理、日本食などのアジア系はもちろん、グルメなイタリアンやフレンチレストラン、そしてオーストラリアの郷土料理まで食事のバリエーションは様々だ。アボリジニが伝統的に利用してきた動植物「アウトバックで手に入る食物」をブッシュ・タッカーというが、この食材を利用した本格的な料理も提供されるようになっている。ブッシュフードとも呼ばれる。 (2015年編集部調べ)

ダーウィンのショッピング情報

ダーウィンのメインストリートは、スミスストリートモール。全長300メートルほどだが、食事やショッピングが楽しめる。ダーウィンで最もにぎわいがあるエリアでお土産探しに最適。ノーザンテリトリーの名産であるワニ革製品や粒の大きい南洋真珠などをお土産に。アロマオイルや手作り石けんなども種類が豊富だ。パラップ地区にはアボリジニアートを集めたアーティスト街があり、さまざまなアボリジニアートが売られている。 (2015年編集部調べ)

ダーウィンの気温・降水量ベストシーズン情報

5月〜11月半ばが乾季、11月後半〜4月までは雨季。特に1月から3月の天気は雨が多い。年間を通して暑いので服装は日本の夏と同じでいいが、一日の寒暖差が激しいので長袖も必要だ。 (2015年編集部調べ)

ダーウィンの人気ツアー

ダーウィン旅行・ダーウィン観光徹底ガイド

2件ヒットしました (2旅行会社 9.68〜42.80万円)
  • 1|
人気度

合算燃 9.68

旅行代金: 9.68

燃油燃:旅行代金に含まれています

7日間

東京発

ホテル:
ホテル未指定
航空会社:
マレーシア航空(日本発:午前)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

人気度

合算燃 42.80

旅行代金: 42.80

燃油燃:旅行代金に含まれています

7日間

成田発

ホテル:
ガグジュー クロコダイル ホリデイ イン、ラディソン プラザ ホテル シドニ…
航空会社:
カンタス航空(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ルックJTB

2件ヒットしました (2旅行会社 9.68〜42.80万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top