モスマン旅行・モスマン観光徹底ガイド

モスマン旅行・モスマン観光徹底ガイド


モスマン旅行・観光の見どころ・観光情報

モスマンは、ケアンズから北に約75kmにある、人口2000人に満たない小さな町。この町の経済を支えているのはサトウキビ栽培だ。また、世界遺産にも登録された「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」の一部の、デインツリー国立公園などへの玄関口になっている。マウントルイス、マウントスパージョン、デインツリー、マウントウィンザーと連なる各国立公園は、自然状態で残っている熱帯雨林地帯だ。モスマン川に沿ってトレッキングコースがあり、太古の地球の姿を眺めながらハイキングができる点は見逃せない。(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


モスマンの旅行基本情報

言語 通貨 フライト時間 現地との時差
英語 AUD 約8時間 約1時間

モスマン旅行・観光の選び方

熱帯雨林地帯へのトレッキングコースの起点の町

モスマンは小さな町だが、ここだけに泊まるツアーもある。もちろん、ケアンズと組み合わせたものもあり、日程はいずれもツアー期間は5〜6日間がほとんどだ。一方で国立公園を訪れ、他方で近くのポートダグラスからグレートバリアリーフに船で行くといった盛り沢山な内容のツアーもある。もし国立公園群をじっくり楽しみたい場合は、モスマンで延泊するとよいだろう。モスマンよりさらに北に50km以上行ったケープ・トリビュレーション周辺では、森の中を散策したり、海岸線のマングローブ林を歩くことができる。ここまで行くと観光客も少なく、大自然を一層満喫できるはずだ。(2016年9月編集部調べ)


モスマン観光のこだわりポイント

太古の地球の姿を眺める世界遺産
恐竜が地上を闊歩していた頃から、大きな環境の変化がなかった土地。1億年前と変わらない森の姿を眺める。
森林ガイドとともに森を歩く大自然
デインツリー川の北側の森には獰猛なヒクイドリや水辺にいるワニ、トゲのある植物などの危険があるので単独行動はしないこと。
モスマン川沿いを歩くトレッキング
モスマンの町にも近いモスマン川沿いには、よく整備されたトレッキングコースがある。危険なものもなく安心して歩くことができる。

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


モスマン旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、モスマン観光情報が満載。
モスマン旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。