page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストラリア・シドニー・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

歴史を誇るロブスター料理店、「ブルーエンジェル」で大物を食べ尽くす!


掲載日:2007/09/05 テーマ:歴史 行き先: オーストラリア / シドニー

タグ: おいしい レストラン 魚料理 名物


46年の老舗が誇る、こだわりのタスマニア産ロブスター

約2人分のロックロブスターの刺身。このロブスターで約800gのミディアムサイズだが、二人で食べきるのはなかなか至難の業 約2人分のロックロブスターの刺身。このロブスターで約800gのミディアムサイズだが、二人で食べきるのはなかなか至難の業

1961年の創業以来、一貫して高品質のタスマニア産スパイニー・ロック・ロブスターを提供し続ける有名店。このレストランのロブスターにかけるこだわりは並大抵ではない。オーナーのマルチェロ氏みずから、タスマニアの漁港に足を運び、ひとつひとつロブスターの質をチェックする身の入れよう。シドニーの店内には7つの巨大水槽があり、タスマニアの海から生きたまま空輸されたロブスターたちが、ゆうゆうと泳ぎまわっている。ロブスターの味を落とすことなく生簀で飼育するのは大変難しいが、40年を超える歴史ある名店だけあって、オーストラリア国内でも随一といわれる最高級の飼育設備が整っているのだ。

ロブスター尽くしのスペシャルコースがおすすめ

店内に設置された生簀。店内だけでなく店の裏にも巨大生簀が設けられ、高度な技術を駆使してロブスターの飼育環境を維持している 店内に設置された生簀。店内だけでなく店の裏にも巨大生簀が設けられ、高度な技術を駆使してロブスターの飼育環境を維持している

ロブスター料理のほかにも、ステーキ、オイスターなどのメニューが多数あるが、やはり一番のお勧めはスパイニー・ロック・ロブスターを存分に堪能できるコースメニュー。特に人気はロブスター・スペシャルコース(一人A$90 ※約9000円)。活ロブスターの刺身やグリルのほか、スープからスパゲティにいたるまで、丸ごとロブスター尽くしの内容だ。また、ちょっとお肉も食べてみたいという人は、タスマニア産霜降りビーフの炭火焼がプラスされたデラックスコースもある(一人A$120 ※約1万2000円)。

1キロ超の大物ロブスターは甘くて絶品

生簀から揚げられたばかりの新鮮なロブスター。このロブスターは約1キロ。60センチはゆうに超える大きさ 生簀から揚げられたばかりの新鮮なロブスター。このロブスターは約1キロ。60センチはゆうに超える大きさ

ロブスターのコースをオーダーすると、店のスタッフがこれから調理予定のロブスターを客席までもってきてくれる。使用するロブスターの大きさは人数やコースによって異なるが、一匹750g〜1.2kgのものが使用される。実際に客席で見るロブスターは驚くほど大きい。日本人のグルメ的感覚でいえば「大きいものは大味で旨み今ひとつ」と思いがちだが、このブルーエンジェルのロブスターに限っては、その法則は当てはまらない。甘みのある深い味わいとプリプリとした歯ごたえに「さすが老舗」と、うなること間違いなしだ。

刺身の後はグリルで。余すとこなくロブスターを堪能

殻付きのロブスターがたっぷりと添えられた豪勢なスパゲティ・マリナラ。これで巨大ロブスターを完食! 殻付きのロブスターがたっぷりと添えられた豪勢なスパゲティ・マリナラ。これで巨大ロブスターを完食!

コースのメニューの中でもとくにロブスターの刺身は絶品。食べきれないほどの刺身がドーンと目の前にサーブされる。コースの前半で思わずノックアウトされてしまいそうな量だが、ここはムリに食べきることはない。ここで残った身は次のスパゲティの具としてあでやかに蘇る。身のたっぷりついたロブスターを殻ごとバリバリになるまでグリル。その豪勢な具が、スパゲティ・マリナラにトッピングされるのだ。刺身とグリルで大物を制すると、気分はまさに満腹、至福。オーストラリアらしい豪快なグルメを楽しむなら、このブルーエンジェルはぜひお勧め。タスマニア産の極上ロブスターを思う存分味わいつくそう。

【関連情報】

■Blue Angel(ブルーエンジェル)
住所:223 Palmer Street, East Sydney, NSW 2010
電話番号:(+61)2-9380-5941
URL:http://www.blueangel.com.au/
営業時間:18:00〜23:00
定休日:無休
その他:シティ中心部より車で約5分。
また、電車の場合、ミュージアム駅より徒歩10分。
団体の場合は要予約。個人の場合も、事前予約が好ましい。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/09/05)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索