page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストラリア・シドニー・船・クルーズの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

スリル満点!シドニー湾で楽しむ贅沢なマリンアクティビティ


掲載日:2008/02/08 テーマ:船・クルーズ 行き先: オーストラリア / シドニー

タグ: すごい! ハラハラドキドキ


世界三大美港でジェットライドに挑戦

サーキュラーキーから1時間ごとに出発するジェットライド。船が多く行きかうサーキュラーキーを抜けると、俄然スピードアップ! サーキュラーキーから1時間ごとに出発するジェットライド。船が多く行きかうサーキュラーキーを抜けると、俄然スピードアップ!

オーストラリアでマリンスポーツといえば、年中亜熱帯のケアンズやサーフィンのメッカのゴールドコーストを思い起こす人も多いはず。しかし、オーストラリアは四方を海に囲まれた島国。大都会のシドニーでだってマリンスポーツをちゃんと楽しめるのです。とくに11月〜2月の夏季シーズンは海辺のアクティビティにもってこいの時期。サーフィンにダイビングと何でも楽しめます。今回はシドニー湾で気軽にチャレンジできるジェットライドをご紹介。世界三大美港の一つ、シドニー湾を舞台に楽しめる最高に贅沢なアクティビティです。

ダイナミックな270度ターンにドキドキ!

ジェットライドからはオペラハウスもこんなに大きく見えるのです。しかもこのアングルは海から出なければ拝めない!アクティビティの舞台はまさに一流です。 ジェットライドからはオペラハウスもこんなに大きく見えるのです。しかもこのアングルは海から出なければ拝めない!アクティビティの舞台はまさに一流です。

ボートの乗船ポイントはオペラハウスなどの観光スポットが目白押しのサーキュラーキー。現代美術館の前から出発です。スリル満点のジェットライドはオペラハウス前からフォートデニスン、タロンガ動物園の周辺まで、縦横無尽に海を駆け巡ります。最高速度は約95キロ。豪快な270度ターンと、スリルの連続でアドレナリンがどくどくと出てしまいそう。波に乗ってボートがジャンプしたり、急ブレーキでボートの鼻先が海に突っ込んだりするたびに、悲鳴と歓声をあげずにはいられません。

ずぶぬれ必至?でも普段着で参加OK

乗船者には紫色のビニールコートを支給。これである程度の波はよけれるはず。かなりのスピードとスリルなので、振り落とされないようにしっかり船にしがみついて。落ちればもちろんずぶ濡れです。 乗船者には紫色のビニールコートを支給。これである程度の波はよけれるはず。かなりのスピードとスリルなので、振り落とされないようにしっかり船にしがみついて。落ちればもちろんずぶ濡れです。

これだけ激しいライドだから、もちろん波を受けるのは必至。でも、都会の真ん中で水着で参加するわけにも行かず…と、そのあたりはご安心あれ。平服で参加してもちゃんと波よけのビニールコートを貸してくれます。観光名所のロックスやサーキュラーキーに立ち寄ったついでに、普段着でふらっとマリンアクティビティが楽しめるのです。まさに忙しい旅行者にうってつけ。所要時間も約35分とお気軽です。

夜のトワイライトライドも人気

スピードボートは毎日朝11時〜日暮れまで1時間ごとに出発しています。また、夕暮れの特別ライドとして人気のトワイライトライドは通常より少し時間が長く45分。夕闇に染まるシドニー湾はまさに絶景。この上なく贅沢な舞台です。希望によりランチとライドがセットになったパッケージコースも予約可能。そのほか、グループで参加したい場合は、1時間ごとの定期便のほかにチャーター便を予約することもできます。シドニー湾の人気アトラクションで、街も海も思う存分に楽しみましょう。

【関連情報】

■ Downunder Jet(ダウンアンダー・ジェット)
電話番号:1300-538-743(オーストラリア国内フリーダイヤル)、(+61)2-9838-1025
営業時間:11:00〜20:00ごろ
URL:www.downunderjet.com.au/
定休日:なし
参加料金:定期ライド55ドル(約5500円)、トワイライトライド80ドル(約8000円)
参加するには:トワイライトライドを希望の場合は事前予約の上、出発時刻を確認すること。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/02/08)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索