page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストラリア・シドニー・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

雰囲気よし、味よし、サービス良し。地元民に愛される粋なカフェレストラン


掲載日:2008/03/12 テーマ:グルメ 行き先: オーストラリア / シドニー

タグ: おいしい グルメ コーヒー スイーツ レストラン


おしゃれな街のおしゃれなグルメスポット

天気のいい日はテラス席が大人気。週末なら、お昼からのんびりここでワインやビールを楽しむ人も。その大らかさがまさにオージーです 天気のいい日はテラス席が大人気。週末なら、お昼からのんびりここでワインやビールを楽しむ人も。その大らかさがまさにオージーです

シドニー中心部から車で約15分のところに位置する街−Crows Nest(クローズネスト)。各国のレストランやカフェが並ぶ、おしゃれなグルメスポットとして人気のエリアです。その中でもとりわけ注目されているのがXenos Cafe Restaurant(ジーノス・カフェ・レストラン)。ランチやディナータイムはXenosでおしゃれな時間を過ごそうとする人たちでいっぱいです。週末になると、愛犬を連れた地元住民がXenosのテラス席でのんびりブランチを楽しむ姿も。そのさりげないライフスタイルがまさにオーストラリアの本来の姿そのもの。ローカル気分がたっぷり味わえます。

老舗なのに新しい。人をひきつけ続ける名店

クリームぶりゅれやティラミスをはじめ美味しそうなデザートメニューもたくさん。中でもチーズケーキは種類豊富。写真はワイルドベリーの低脂肪チーズケーキ(A$7/約700円) クリームぶりゅれやティラミスをはじめ美味しそうなデザートメニューもたくさん。中でもチーズケーキは種類豊富。写真はワイルドベリーの低脂肪チーズケーキ(A$7/約700円)

清潔で美しい店内とその人気ぶりを見ると、最近オープンしたトレンド志向のお店かと誤解しがちですが、実はこのXenosは1969年創業の老舗なのです。開店当初はミルクシェイクやコーヒーのみを扱うミルクバーだったとか。その後、時代とともにリノベーションを繰り返し、1993年から現在のカフェレストランスタイルになりました。現在は、地中海料理とモダンオーストラリア料理を提供する本格レストランとして、また、美味しいスイーツ各種と絶品のコーヒーを楽しめるカフェとしても人気。各種ワインやアルコール類もラインナップ豊富です。

シドニーの海の幸、高級オージービーフも◎

アンティパストやデザートなどが所狭しと並ぶカウンター。ワインのほか各種酒類も揃ってます アンティパストやデザートなどが所狭しと並ぶカウンター。ワインのほか各種酒類も揃ってます

どれだけ雰囲気がよくても、やはり気になるのはお料理。主にオーストラリアで取れる新鮮な魚介類や、自慢のオージービーフを利用したメニューが目立ちます。その日の仕入れによってはシェフのスペシャルも登場。スペシャル料理は、店内の大きな黒板で発表されます。ぜひ試していただきたいのは、プリプリの牡蠣の身がたまらないシドニー・ロック・オイスター(1ダースA$36/約3600円)、牛肉やラム肉、お魚のメイン料理はそれぞれA$20〜30(2000円〜3000円)。パスタやサンドイッチなどの軽食やブレックファーストメニューも豊富にあります。午後のティータイムは豊富なチーズケーキのリストから好みのものをチョイスして、有名なXenosのコーヒーと一緒に味わいましょう。

【関連情報】

■ Xenos Cafe Restaurant(ジーノス・カフェ・レストラン)
住所:7 Burlington Street, Crows Nest, NSW, Australia
電話番号:(+61)2-9439-1748
URL:www.xenosrestaurant.com.au/
営業時間:7:00〜22:30(火曜〜木曜)、〜23:00(金曜・土曜)、8:00〜17:00(日曜・月曜)
その他:シティ中心部よりバスで約10分。クローズネストのBurlington Streetの停留所で下車(ジーノス目の前)。また、電車の場合、市内中心部のタウンホール駅、ウィンヤード駅からノースショアラインに乗車。セントレオナルド駅で下車し、東へ徒歩約10分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/03/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索