page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストラリア・シドニー・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

本物志向の心をくすぐる、伝統と格式のブーツショップ


掲載日:2008/04/22 テーマ:ショッピング 行き先: オーストラリア / シドニー

タグ: お土産 ショッピング 洋服


オーストラリア発の高級ブランドをチェック

本格的な乗馬ブーツから町使用のドレスブーツ、ワークブーツなど。素材もカンガルー皮、スウェードなど多種多様 本格的な乗馬ブーツから町使用のドレスブーツ、ワークブーツなど。素材もカンガルー皮、スウェードなど多種多様

一人のストックスマン(オーストラリア版カウボーイ)が70年以上前に起こした馬具とブーツのブランドが、R.M.Williams(アール・エム・ウイリアムズ)。今やオーストラリアを代表する高級ブランドとしてその名を知られています。現在は本家のオーストラリアのほかに、アメリカ、イギリス、スウェーデン、日本にもそれぞれ輸出されています。しかしやはり、本国ならではのラインナップの多さはまさに垂涎モノ! デザインも素材もすべて高級の限りを尽くしたこのブランド。ブーツフリーク、革製品フリークなら見逃せません。

ため息の出そうな高級ブーツがずらり

ブーツだけじゃありません。ポロシャツやジーンズなどのカジュアルウェアも。ネクタイやスーツのほか、女性用のハンドバックもあり ブーツだけじゃありません。ポロシャツやジーンズなどのカジュアルウェアも。ネクタイやスーツのほか、女性用のハンドバックもあり

注目の商品は、やはり看板商品のハンドクラフトのブーツ。1枚の革を使用して縫い目は後ろの1箇所のみという超高級品です。そのほかに、ベルト、ジーンズ、モールスキンのシャツなど、ストックスマンの必需製品が勢ぞろい。メンズだけでなく、レディースやキッズ用もしっかり揃っています。高級ブランドのそのお値段は…、短めのドレスブーツなら安いものでA$350前後(約3万5000円)から。もちろん、一足A$2000(約20万円)以上する超高級品もゴロゴロ店内に転がっています。ジーンズはもう少しお手ごろ。ブーツカットの女性用ジーンズはA$100(約1万円)前後。各種革ベルトもA$65前後(約6500円)ぐらいと手が届きやすい値段です。これならお土産にもいけるかも?

アウトバックライフのカリスマ的存在

R.M.Williamsの専門店が入居しているシドニー中心部のチフリープラザ。マックスマーラやオックスフォードなど、他にも多数のブランド店が一堂に介します R.M.Williamsの専門店が入居しているシドニー中心部のチフリープラザ。マックスマーラやオックスフォードなど、他にも多数のブランド店が一堂に介します

平凡なストックスマンから独自ブランドで頂点を極めたR.M.Williamsは、オーストラリアの立身出世人物の代表的存在。ブッシュマンたちにとってはまさにカリスマです。R.M.Williamsは社を挙げて、さまざまな慈善事業を行っています。都市化の波に飲まれてだんだんと歴史の中にうずもれて行きつつあるオーストラリアのアウトバックの伝統を今に伝えようと、オーストラリアの若年層を対象にいろいろな教育プログラムを実施。そのほか、ストックマンショーなど、国内外で開かれるアウトバック関係のイベントも多数主催・協賛しています。そんな、R.M.Williamsのオーストラリア内の直営店舗は全部で28店舗。シドニーには市内と郊外をあわせて5店舗があります。オーストラリア発の高級ブランドショップをぜひ一度チェックしてみてくださいね。

【関連情報】

■ R.M.Williams(アール・エム・ウィリアムズ)
住所:Shop 1-2,Cnr Phillip & Hunter Streets, Sydney, NSW, Australia(チフリー・プラザ店)
電話番号:(+61)2-9233-5608
URL:www.rmwilliams.com.au
営業時間:9:30〜18:00(月〜金曜)、〜16:00(土曜)
定休日:日曜
その他:チフリープラザ店は、ウィンヤード駅よりハンターストリートを直進。徒歩約5分。そのほか、シドニー市内では、ジョージストリート沿いとロックス地区に店舗あり。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索