南半球では真夏のカウントダウン

世界のカウントダウン。今回は赤道を越えた南半球のオセアニアに行ってみましょう。カウントダウンといえば、真冬のイメージですが、ここオーストラリアでは真夏。その一週間前には、サンタがサーフボードに乗ってやって来たばかり?(笑)です。季節が逆になるので、シドニーの大晦日はビーチで海に入れる気候。屋外でビールを飲みながら花火、というと、大晦日というよりは日本の夏の花火大会のようですね。

これはすごい! 世界のおすすめカウントダウン オセアニア編 オーストラリア これはすごい! 世界のおすすめカウントダウン オセアニア編 オーストラリア

オーストラリア最大のカウントダウンイベント

さて、日本とシドニーの時差は1時間なので、日本が新年を迎える1時間前に新年になります。大晦日のテレビ中継で「ああ、もうシドニーは年が明けたんだ」と思った方もいらっしゃるでしょう。その時、映るのがたいていひと目でシドニーとわかるオペラハウスやバーバーブリッジの後ろに上がる打ち上げ花火です。今年はそれを実際に見に行ってみるのはどうでしょうか? このハーバーブリッジでの花火大会は、世界中からの観光客も含め、150万人も集まるというビッグイベントなのです。

場所取りは計画的に

花火は一カ所だけでなく、シドニー湾の数カ所で上がるので、花火が見られる会場はけっこうあるのですが、人が増えてしまうと入場規制がかかるので、オペラハウス前など、“ここぞ”という場所へ行くときは、日の暮れる前に行って場所取りをしておきましょう。同時期の日本と違って日が長いので、日焼け止めと水の補給は必須です。もっとも一度会場に入ってしまえば、そこから出ない限り、入場規制があるので、後から後から人が入って来て大変だ、ということはないようです。場所によっては売店も出るようですし、簡易トイレもあるようです。

メインの花火以外にも楽しみどころが

メインの花火はもちろんカウントダウン時ですが、その前の21時にも小規模ですが花火が打ち上げられます。これは深夜まで起きていられない子供を持った家族連れのためのもののようです。こんな配慮もあるんですね。その前の18時頃には航空ショーも開かれます。またカウントダウン時には、シドニー湾には花火鑑賞のための多くのクルーズ船が浮かびます。もちろん有料ですが、早くから並んだりしなくてもいいので、こうしたツアーに参加するのもひとつの方法でしょう。

オーストラリア各地でも花火が

そのほか、オーストラリア各地で、新年を祝う花火が上がります。ゴールドコーストのサーファーズパラダイスなども、真夜中だけでなく21時にも花火が上がりますよ。そのほかケアンズ、メルボルン、アデレードでも小規模ですがカウントダウン花火が上がるので、事前に情報を集めておきましょう。