空港から市内へはエアポート・リンクが早くて安い

オーストラリアの中では、最も人口が多い都市「シドニー」。その空の玄関口であるシドニー空港(別名キングスフォード・スミス空港)は、国内航空路線のターミナル空港としての役割も果たしています。とはいえ、国際線と国内線のターミナルは約2km離れているので、この間を歩いて移動するなんて考えないでください。専用バスか、シティレールで移動しましょう。シドニー空港から市内へ移動する際は、エアポート・リンクを利用するのが、安いうえに早いです。荷物が多い場合はタクシーを使いましょう。

シドニーへ行ったら外せない。絶対に訪れたい観光地はどこ? シドニーへ行ったら外せない。絶対に訪れたい観光地はどこ?

シドニーにある世界遺産「オペラ・ハウス」

シドニーは南半球を代表する世界都市ですが、入植当時の雰囲気が残っている所も多くあります。「英国の移民船が初めて上陸した」と言われているロックスは、19世紀の面影をほんのり残す場所。その埠頭であるサーキュラー・キーは、シドニーの海の玄関口です。その近くにあるのが、世界遺産の「オペラ・ハウス」。シドニーと言えばこの建物!というほど有名なスポットなので、一度は生で見ておきたいところ。シドニーを世界的に有名にしたと行っても過言ではない独特の形をしています。

オペラやバレエなどの公演が行われる場所

このオペラハウスが完成したのは1973年のこと。デンマークの建築家ヨルン・ウッツォンがデザインしました。その完成までに要した時間はなんと14年!屋内にはコンサートホール、オペラシアターがあり、大きく5つの会場に分かれています。オペラハウスというだけあってオペラはもちろんのこと、バレエ、クラシックコンサート、演劇など様々な公演が行われています。オリジナルグッズがあり、レストランとカフェも入っているので、誰でも利用可能です。外から記念撮影をしたら、オペラハウスの中でも楽しんでみてくださいね。

近くの橋も見逃さないで!登るツアーもアリ

オペラハウスのあるロックスからノース・ショアに向かう途中にある橋は、「ハーバー・ブリッジ」です。シドニーと対岸を結ぶ、全長1149mの鉄橋で、これも観光名所のひとつ。ロックス側には展望台もあります。遊歩道もあるので、歩いて渡ってみるのも楽しいでしょう。ちなみにこのハーバー・ブリッジの最上部まで登るスリル満点のツアーもあります。しかも所要時間は3時間と、かなりパンチのきいたツアーですが、達成感はかなりあるはず。挑戦してみたい方はぜひ!