page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

スマートゲートで英語不要! シドニー空港での入国手続き情報(2019年版)


掲載日:2019/05/21 テーマ:エアライン・空港 行き先: オーストラリア / シドニー

タグ: すごい! ためになる 新しい


オーストラリアの入国審査は、スマートゲートでスピードアップ!

eパスポートには、パスポートの文字の下にカメラのようなマークがついている eパスポートには、パスポートの文字の下にカメラのようなマークがついている

入国審査の自動化を進めているオーストラリアの空港では、スマートゲートというシステムが導入されています。eパスポート(ICを搭載したパスポート)を保有する日本及びアメリカ、イギリス、シンガポールなどの十数カ国の人を対象としたシステムで、入国審査を有人窓口ではなく、機械によって迅速に処理するものです。スマートゲートによって、入国審査にかかる時間は大幅に縮小されています。観光客に人気の高いシドニーのキングスフォード・スミス国際空港も、もちろんスマートゲートで入国できます。ちなみに2019年4月現在、スマートゲートが設置されている空港は、シドニー以外では、ブリスベン、キャンベラ、メルボルン、ダーウィン、パース、ケアンズ、ゴールドコースト、アデレードとなっています。

機内で入国カードの記入はすませておこう

まずシドニーに向かう機内の中で入国カード(incoming passenger card)が配られますのでこちらに記入しましょう。日系の航空会社の場合は、日本語表記の入国カードが用意されている場合もありますので、確認してみましょう。その他の航空会社やアジアで乗り換え便をご利用の場合は、英語表記のものが配られます。表裏両面の記入が必要になりますので、到着までに機内で記入しておきましょう。日本語版のものでも署名以外は全て英語で記入してください。オーストラリアは検疫が厳しく、薬や食品を持ち込む場合は申告が必要となりますので、正しく記入しましょう。

シドニーの国際空港での入国審査(1)キオスク端末

シドニーの空港での入国の手続きは、入国審査、預け荷物の受取り、税関・検疫検査という流れになります。飛行機を降りたら、入国審査(immgration)の方向へ進みましょう。シドニーの空港では、入国審査ホール手前にセルフサービスのキオスクという端末が設置されています。スマートゲートに進む前に、この端末での手続きが必要です。パスポートの写真のあるページを開いてキオスク端末に挿入します。日本のパスポートを挿入すると画面が自動的に日本語表示されます。画面の質問にパネルタッチで回答すると、チケットが発券されますので、チケットとパスポートを持って入国審査へと進みましょう。入国審査には有人カウンターとスマートゲートがあります。

シドニーの国際空港での入国審査(2)スマートゲート

スマートゲートは進行方向向かって右手にありますので、そちらに進んでください。スマートゲートに先ほど発券されたチケットを挿入すると写真が撮影され、その後、先ほど挿入したチケットが出てきます。チケットを抜き取ると、ゲートが開きますので通過してください。なお、このチケットは税関で必要になりますので、大切に保管してください。ただし、このスマートゲートの利用には年齢制限があり、16歳未満はスマートゲートを利用できません。16歳未満の子連れのご家族の場合は、有人カウンターを利用しましょう。

預け荷物を受け取って、税関、検疫検査へ

入国審査を終えると、荷物受取所に出ます。英語ではbaggage Claimと言います。ここで預けた荷物を受け取りましょう。荷物受取りレーンは何本もありますので、モニターで自分が乗って来たフライトナンバーが表示されているレーンを確認しましょう。荷物を受け取ったら、税関へ。ここで入国カードとスマートゲートで受け取ったチケットを係員に提示します。検疫検査が必要かどうか係員が判断しますので、指示に従ってください。検疫検査が必要になった場合は、全ての荷物に対して、X線検査が行われ、必要な場合は開披検査(カバンを開けて中身を改める検査)が行われます。持ち込み禁止品が見つかった場合は、没収となりますので注意しましょう。
※これらの情報は2019年4月現在のものです。最新の情報はオーストラリア国境警備隊の公式サイトなどで確認してください。
●Australian border force公式ページ(英語表記)
「スマートゲートについて」https://www.abf.gov.au/entering-and-leaving-australia/smartgates
「持ち込み制限について」https://www.abf.gov.au/entering-and-leaving-australia/can-you-bring-it-in

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/05/21)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索