いよいよカヌーパフォーマンスの始まり

ニュージーランドのロトルアで私が参加した先住民族マオリの伝統文化ショーは、初めに伝統料理「ハンギ」の紹介から始まりました。その後は、遊歩道が設けられた川沿いにある小さな森へ向かい、いよいよショーの前半がスタートします。森の暗闇から男たちの掛け声が聞こえはじめ、松明を灯したカヌーが現れました。一艘のカヌーに7人の男たちが乗っており、体中に伝統模様を描いています。勇ましい掛け声を続けながら、パドルを操って前進後進を繰り返すという、すばらしいパフォーマンスをじっくり見る事ができ、大興奮です。

ロトルアのマオリ伝統民族パフォーマンスには、イケメンが多い 後編 ロトルアのマオリ伝統民族パフォーマンスには、イケメンが多い 後編

踊りと舞に、素晴らしさと感動

カヌーパフォーマンスの後は、伝統的なマオリの家屋が設置されたステージへ移動です。建物の柱には、人の顔の彫刻が施されているのですが、そのいずれにも大きな目と突き出した舌があります。これは威嚇のポーズだそうです。そして、後半のショーの始まりです。槍を握った男性たちとマオリの伝統的楽器を持った女性たちが登場して、音楽と踊りが始まりました。楽器は木、骨、石、貝など自然のものを利用したものです。

現在に受け継がれる戦いの舞い

音楽と踊りのショーの間には、舌を突き出し、目を大きく見開く威嚇のポーズや、マオリ族の挨拶の仕方など、マオリ族の文化についての解説があります。この挨拶は、挨拶する二人がお互いに鼻をくっつけ合うという愉快なものです。「ハカ」というパフォーマンスを聞いた事がありませんか。マオリ族の戦士が戦いの前に、手をたたき足を踏み鳴らして力を誇示し、相手を威嚇する舞いです。ラグビーのニュージーランド代表が国際試合前に舞う民族舞踊としても有名です。

いよいよ伝統料理を食す

ショーの最後には、マオリ族の人たちと記念撮影ができます。男性特有の太い声での掛け声と力強いパフォーマンス見た後、私には全員がイケメンに見えて興奮です。撮影のために大行列ができますが、その合間に迎える空腹は伝統料理への期待値を最高にあげます。その後は、最初に紹介されたハンギ料理とその他の料理、デザートのバイキングです。じっくり時間をかけた蒸し焼き料理は、とても素晴らしいものでした。マオリ族自身が誇りとする文化を学び、目も耳もお腹も満たされるこのツアー、お勧めです。