アンギラ旅行・アンギラ観光徹底ガイド

アンギラ旅行・アンギラ観光徹底ガイド


アンギラ旅行・観光の見どころ・観光情報

島の名前のアンギラは、スペイン語の「ウナギ」という意味。この島を訪れたコロンブスが命名したという。アンギラがあるのは、カリブ海の東側、小アンティル諸島の北側に位置するリーワード諸島。隣はフランスとオランダ領のセント・マーティン島だが、アンギラはイギリスの海外領土だ。一度、独立を宣言したが、イギリスの自治領に戻った歴史がある。人口は約1万5000人で、住民はほとんどがアフリカ系黒人だ。首府となるヴァレーは小さな町で、島でもビーチが見どころ。海もきれいでのんびりできるため、ハリウッドスターなど、世界のセレブの隠れ家的リゾートも少なくない。セレブに会えるかも?(2016年9月編集部調べ)

ここに行くツアーを探す


アンギラ旅行・観光の選び方

セント・マーティンへ行くツアーを利用して、日帰りで往復もできる

日本発のアンギラ行きのツアーはほとんどないので、人気の観光地セント・マーティンへ行くツアーを利用していくのが、最も簡単。セント・マーティンからはフェリーで20分ほどの距離なので、日帰りで訪れる観光客がほとんど。セント・マーティンのツアー期間は6〜8日間の滞在型で、宿泊は現地で3泊以上するので、アンギラを訪れる時間はある。フェリーはセント・マーティンのフランス側から出航する。注意としては、日帰りでも出入国を繰り返すので、パスポートを忘れずに。アンギラの首府ヴァレーは小さな町だが商店や土産物屋があり、アンギラの名前入りのTシャツや民芸品などが買える。(2016年9月編集部調べ)


現地ガイド発!アンギラの観光最新情報

2015/10/28 映画のあの場所

世界の有名人たちの隠れ家? カリブ海にある英領アンギラにやって来るセレブたち

アンギラ旅行イメージ-世界の有名人たちの隠れ家? カリブ海にある英領アンギラにやって来るセレブたち 世界の有名人たちの隠れ家? カリブ海にある英領アンギラにやって来るセレブたち

別記事「独立を取り消したという珍しいミニ国家、アンギラ」で、カリブ海にある英領アンギラについて書きました。このアンギラという島はもともとイギリス領で、すぐ近くにはフランスとオランダ領のセント・マーチンという島があります。近くにある他のイギリス領は、150km離れたセントクリストファー島とそのすぐ近くのネイビス島で、イギリスはそことくっつけて独立させようとしたのですが、アンギラの島民たちは「自分たちと同じぐらいのレベルの他の島にリーダーシップを取られるのはイヤ」と、結局はイギリスの植民地に戻ることを希望したという変りダネの島です。今回、アンギラの記事を書くためにインターネットでいろいろ調べている…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アンギラ旅行の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる見どころレポートや旬な情報のほか、アンギラ観光情報が満載。
アンギラ旅行を楽しむなら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。