page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

寒い季節に暑い国へ行く場合、どんな「靴」を履いていったらいい?


荷物は少なく、効率のいい靴とは?

南米、アルゼンチンは日本の冬に夏、真っ盛り 南米、アルゼンチンは日本の冬に夏、真っ盛り

東南アジアやハワイ、季節が逆のオーストラリアや南米など、寒い日本から暑い国へ行くとき、服以外で悩ましいのが靴です。旅を支える大切なアイテムなので、歩きやすさはもちろん、丈夫で、服に合わせやすいものを選びたいですね。また靴は重いしかさばるので、履いていく1足だけにしぼるか、もう1足持っていくぐらいにしたいところ。まず挙げられるのが、夏でも冬でも季節を問わずに履けるスニーカーです。履きなれたスニーカー1足で、旅行のすべての日程を終えるのもありでしょう。またモカシン、デッキシューズなどもおすすめ。カジュアルな革靴は、素足で履くとショートパンツをおしゃれに見せてくれる効果も。

一度やってみたい「薄着にブーツ」のコーデ

ここで女性のみなさんにちょっと提案。ブーツは冬のものと思われがちですが、行き先がアジア以外、たとえばカラッとしたハワイやオーストラリアならありかもしれませんよ。半袖トップスにショートパンツという薄着の服に、足元だけ重めにブーツという組み合わせは、海外のおしゃれスナップでよくあり、かわいいですよね。ノースリーブのワンピなど、ガーリッシュな服にもブーツはマッチします。湿気のある日本の夏ではなかなかできない「薄着にブーツ」のコーディネイト、海外で試してみるのはいかがでしょう。

1足のサンダルを2wayで履く

いや、暑い国では素足にサンダルを履きたいんです…というのもごもっとも。ここで男女ともにおすすめしたいのが、マジックテープで留めるタイプのスポーツサンダルです。アメリカのブランド「Teva」のものが広く知られていますが、同じようなデザインのサンダルがいろいろなブランドから出ています。このタイプは足にフィットし、長距離歩いても疲れにくいので旅行にうってつけ。しかもソックスを合わせてもキマるところがポイントです。ソックスはグレーや生成、タイダイ、ライン入りのものなど、服に合わせてチョイス。ストラップは調整がきくので、ソックスを合わせるときはゆるめにしましょう。日本を出るときはソックスをプラスして、温かく。本当に寒いなら2枚履く手もありますよ。現地に着いたらもちろん素足に。濡れても気にならないものが多く、ビーチも歩けます。

おなじみのアイテムを旅でも活用

同じようにソックスあり・なし両方でいけるのが、ドイツ発のブランド「ビルケンシュトック」に代表される革サンダル。昔から旅人の定番でもありますね。足幅がゆったりしていて快適です。同じように「クロックス」も、ソックスあり・なしどちらもいけます。こういったつっかけるだけの靴は、飛行機の機内でもスリッパのようでラク。激しい動きには不向きですが、夏も冬もいける靴として、旅行用の候補にいかがでしょうか。上手な靴選びで荷物も足取りも軽く、おしゃれに旅立ちましょう!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/01/22)

海外旅行準備マニュアルもあわせてご確認ください。

  • 海外旅行準備マニュアル
  • ※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
    ※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
     提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
    エイビーマガジンについて

     

    キーワードで記事検索

    検索