観光スポット「ビーグル海峡」の旅行情報

観光スポット「ビーグル海峡」の旅行情報

ビーグル海峡

名称:ビーグル海峡(アルゼンチン/ブエノスアイレス
ジャンル:観光スポット

南極からわずか1000キロメートル、世界の最南端の街ウスワイアに広がるビーグル海峡は、ダーウィンが乗っていたイギリスの船の名前ビーグル号に由来する。海峡にはいくつかの島が点在し、オタリア(アシカの一種)や南極ペンギンなど、南極の珍しい動物を見ることができる。島には上陸できないので、双眼鏡を持っていくとより楽しめるだろう。ダーウィンもここで、植物などを観察して、進化論への糸口を模索していたといわれている。また、氷河が直接海に崩れ落ちるところが見られたりと、雄大な自然を目の当たりにできる。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!ブエノスアイレスの観光スポット最新情報

2015/06/07 観光地・名所

カワイイ色使いが続く、ブエノスアイレスのカミニート通りとラニン通りへ行ってみよう!

ブエノスアイレス旅行イメージ-カワイイ色使いが続く、ブエノスアイレスのカミニート通りとラニン通りへ行ってみよう! カワイイ色使いが続く、ブエノスアイレスのカミニート通りとラニン通りへ行ってみよう!

ブエノスアイレスは、情熱的な音楽「タンゴ」の発祥の地です。カフェやレストランの多い公園や観光地では、特に週末にタンゴのリズムに乗って踊る男女の姿を見かけます。彼らはもちろんチップ狙いです。ブエノスアイレスの「ボカ地区」は、19世紀後半にはアルゼンチンで唯一の港町でした。そのため、ヨーロッパおよび中南米諸国から多様な文化や習慣が入ってきましたが、音楽やダンスもそのひとつでした。このボカ地区、現在はタンゴで有名ですが他にも観光地として有名なものがあります。続きを見る



ブエノスアイレス旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ビーグル海峡への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。