世界遺産「ピントゥラス川のクエバ・デ・ラス・マノス(ピントゥラス川)」の詳細情報

アルゼンチンの世界遺産・名所ガイド

Cueva de las Manos Rio Pinturas

ピントゥラス川のクエバ・デ・ラス・マノス

名称:ピントゥラス川のクエバ・デ・ラス・マノス(アルゼンチン
英語名称:Cueva de las Manos Rio Pinturas
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:1999年

「手の洞窟」など壁画群

アルゼンチン南部、ピントゥラス川流域の渓谷にある洞窟には、先史時代に描かれたとされる壁画が残る。紀元前1万1000年ごろから紀元後700年ごろまで、断続的に移動してきた住民によって描かれたものだとされる。約270mの範囲に点在する壁画の中には、グアナコやニャンドゥなど、この地域独自の動物の絵もあるが、特徴的なのは「手の洞窟」を意味するクエバ・デ・ラス・マノスに残された800を超える手形だ。これらは、壁に手のひらを押し当てた上から顔料をかけたり、顔料を塗った手のひらを岩肌に押しつけたりして描かれた。無数の手が模様のように岩肌に散りばめられているが、そのほとんどは左手で、右手の手形は36しかない。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アルゼンチンの世界遺産「ピントゥラス川のクエバ・デ・ラス・マノス」についてご紹介します。ピントゥラス川のクエバ・デ・ラス・マノスの観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。